気まぐれメモブログ2019

「自分自身が知りたいこと」を自分なりに調べてまとめてメモってます。中立的な独自視点で気になるニュースや情報をまとめてメモっていきます♪極力ソース元に近い上流の情報を採用しています。アフィリエイト広告は貼りますが、アフィリエイト広告主をヨイショする記事や、ウソ、誇張は書きません。感じたままを書きます。ちょうちん記事は嘘くさいので書きません。記事によっては「未確認」の情報(ネットの噂レベル、便所の落書き)を載せていますので、内容の真贋については保証の限りではありません。わからない情報については「わからない」と正直に書きます。嘘くさいのやステマは自分自身が嫌いなので書きません。 Since 2014.11.17

カテゴリ: 健康

胃部レントゲン検査(バリウム検査)は、デメリットが多くメリットがほとんどないらしい。

以下、その理由。

①撮影の際に服用するバリウムの副作用。不快感や嘔吐、腸閉塞、腹膜炎、アナフィラキシーショックにより、血圧低下に伴い失神、意識消失、呼吸困難等。

②被爆量が極めて多い。検査している間、ずっと放射線を浴びているため、15~20mSv(ミリシーベルト)と胸部X線写真を撮影する際の150~300倍の被曝量。当然、発がんリスクがある。


※英国オックスフォード大グループの調査

日本人で75歳までにがんになった人のうち、放射線診断によってがんが誘発された人の割合は、3.2%に上るという。

がん全体の3.2%がレントゲンによる被ばくが原因。→調査対象の15カ国のうちで最も高い割合。

これだけリスクがあるにもかかわらず、胃がんを発見できる可能性はほとんどない。早期発見などは期待できない。何か異変があったとしても、確定的な診断はできず、結局は胃カメラによって詳細な検査をすることになる。

そのため、医師は胃部レントゲン検査を受ける人は皆無といわれている。医師は胃に不安がある場合は胃カメラによって検査する。

また、最近では胃がん発症者の98%はピロリ菌を保有していることがわかっており、ピロリ菌を駆除すれば胃がんにかかる可能性はほとんどないといわれている。そのため、ピロリ菌検査で陰性だった場合、そもそも胃がん検診が必要ないという医師も少なくない。

------------------------------------------------------------
レントゲン検査がなくならないワケ

①人件費の問題:胃カメラは医師しか操作が許されない検査方法だが、レントゲン検査はレントゲン技師が行うことができる。人件費は、医師に比べてレントゲン技師のほうがはるかに低いため、コスト削減のために胃カメラよりレントゲンを採用する医療機関も多い。裏を返すと、レントゲン検査がなくなれば、レントゲン技師の仕事が激減することになる。

②レントゲン検査利権:胃がん検診にレントゲン検査を推奨している国立がん研究センターは厚生労働省から支給されている科学研究費の一部を業者に預け、裏金をつくっていたことが発覚している。がん研は、検診業者と癒着している。胃部レントゲン検査に用いる「二重造影法」という技術は、日本が独自に開発したことも固執する原因となっている。検診車やX線装置などの設備には多大な費用がかかり、レントゲン技師や検診業者、バリウムを製造する製薬会社、フィルム等のメーカーなど、極めて多くの既得権益が絡んでいる。

今や時代遅れのレントゲン検査だからといって、いきなり廃止することはできない。

がんをはじめとする胃の病気の発見に関しては、レントゲンよりも胃カメラのほうがはるかに優れ、がん発見率は3倍以上。病変が見つかれば、その場で細胞を切除して詳細な検査をすることもできる。
→これに対して、レントゲンを推奨するがん研の関係者は、「内視鏡(胃カメラ)では、治療の必要もないがんまで見つけてしまい、過剰医療につながるおそれがある」と述べている。

がん研は早期発見を謳いながら「治療の必要もないがんを見つけてはいけない」と詭弁(笑)

日本消化器内視鏡学会も強く異を唱えている。

レントゲン検査の実態をよく知る内科、消化器科などの医師「自分が人間ドックを受けるときは絶対に胃カメラにする」と異口同音に答える。

ブドウ糖と果糖の違い

①ブドウ糖
ブドウ糖は小腸から吸収された後、血液中に入り、全身の細胞に運ばれエネルギーとして利用され、余った分が中性脂肪となって貯蓄されます。

-ごはんやパン、麺類、イモ類などに多く含まれ、脳の唯一のエネルギー源であり、全身の細胞を活性化するエネルギーとなる。

②果糖
果糖は、ほとんどが肝臓で代謝されるため直接は血糖を上げない。しかし、肝臓で中性脂肪などに変換され、余分なものが脂肪として貯蓄される他、脂質異常症を引き起こす。

-果糖は果物や蜂蜜に含まれている。


ぶどう糖と果糖を摂取した後では、満腹感が違う?

①ブドウ糖
ブドウ糖を摂取すると、インスリンや血糖値を上昇させ、食欲を抑えるグルカゴン様ペプチド1(GLP−1)の分泌が増加して、食欲を刺激するグレリンというホルモンの分泌を抑えます(本連載の第1回も参考にして下さい)。ですから、ぶどう糖を摂取すると満足感を得て、それ以上は食べものを欲しません。

②果糖
果糖は、インスリン分泌の刺激が弱く、血糖値も直接的には上げない。さらに、GLP−1の分泌も増えず、グレリンの産生が抑制できない。結果、果糖を摂っても満腹感が得られず、また空腹感が減らず、食べものを欲したり食べ過ぎたりする可能性がある。

------------------------------------------------------------
こうした食欲をコントロールしているのが、摂食中枢と満腹中枢が存在する脳の視床下部。

視床下部と、さらに脳内報酬系が連携して、空腹感や満腹感を調節している。

ラットの実験で、果糖を脳に注入すると食べものを探し始め、ぶどう糖を注入すると食べものの摂取が減ることが証明されてきた。

また最近、イェール大学の研究者たちが、新しい脳機能イメージング法を利用して、ぶどう糖と果糖の摂取後の脳の活性化の違いを調べた。対象は、健康な成人ボランティア20人(平均年齢31歳)。この結果、ぶどう糖の摂取後は食欲が減少したのに対して、果糖ではこのような反応は起こらなかった。
------------------------------------------------------------ 

2種類の果糖

①果物や野菜などに含まれる自然な果糖
果物や野菜に含まれる果糖は、食物繊維などの作用でゆっくり吸収される。また、果物や野菜にはビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富に含まれている。

→果物や野菜などの自然な果糖を適量摂取するのOK

②加工食品や清涼飲料水に含まれる果糖
「異性化糖」という形で摂取することが多く、大量の果糖を一気に摂取する心配がある。

→異性化糖入りの飲み物や加工食品の摂り過ぎには要注意!

------------------------------------------------------------

 清涼飲料水には異性化糖が12%程度含まれています。すなわち500mlペットボトル中に約60g。一気に大量の糖を摂取することになり肥満への近道です。子どもの肥満が深刻な米国では、学校の自動販売機から高カロリーの清涼飲料水は撤去されました。米国プリンストン大学の研究者たちは、グラニュー糖を摂取したマウスより、同量の異性化糖を摂取したマウスで著明な体重増加があったことを報告しています。他にも多くの研究者が、異性化糖が肥満、高血圧や糖尿病などの原因であると報告しています。私たちが、果糖を果物や野菜から摂取(リンゴ1個に含まれる果糖は約16g)しても、同時に食物繊維やビタミン・ミネラルなど生命に重要な栄養素も摂取しますので、果糖の悪影響は緩和されます。しかし異性化糖を用いた清涼飲料水では、果糖の悪影響だけが体を直撃します。
(大西睦子ハーバード大学リサーチフェロー)

アメリカにおけるフルクトース・コーンシロップの販売高とメタボの増大の推移は、見事にパラレルな関係です。アメリカ人の肥満はこの、二、三十年で倍増し、いまや三人に一人が肥満体です。私たちAGE(最終糖化産物)の研究者の立場からひと言、言わせてもらえれば、フルクトース・コーンシロップを多く含んだ飲料水はなるべくさけてほしい。ブドウ糖の10倍もの速さでAGEをつくっていくので、AGEもたまりやすい。AGEは、皮膚や目、骨などの老化を促進しますし、動脈硬化やがん、アルツハイマー病にも関わります。さらにメタボリック・シンドロームも起こします。ご存じのように、メタボは内臓に脂肪がたまって肥満になり、高血糖や高血圧、脂質異常を引き起こし、動脈硬化や糖尿病などの病気になりやすい。
(山岸昌一久留米大学医学部教授)
------------------------------------------------------------


こ、こわい

清涼飲料水は飲まんとこ・・・ 

糖質制限ダイエットの第一人者が亡くなった。ご冥福をお祈りします。

引用ここから↓
-------------------------------

「糖質制限」「おやじダイエット部の奇跡」の桐山秀樹氏が急死…心不全のため62歳で
スポーツ報知 / 2016年2月15日 13時30分

「糖質制限ダイエット」に関する著作や「おやじダイエット部の奇跡」などで知られる作家の桐山秀樹氏が6日、滞在していた都内のホテルで急死していたことが15日、分かった。62歳だった。桐山氏の妻が公式フェイスブックで報告した。死亡推定時刻は6日午前9~10時ごろで、死因は心不全。ホテルの関係者によると、出かける様子で、ベッドの上で倒れていたという。葬儀・告別式は故人、遺族の遺志により、近親者のみの密葬が8日に行われた。後日、お別れの会を予定している。桐山氏は糖尿病になったことをきっかけにコメやパンなどの主食を抜く糖質制限に取り組み、3週間で20キロのダイエットに成功。その体験を著作で発表するなど、「糖質制限の伝道師」として知られていた。
-------------------------------
引用終わり↑


同ダイエット方法はカーボンダイエットとして劇的なダイエット効果が認められた減量法だが、本当に健康上問題はないのか?



以下、糖質ダイエットの危険性列挙


①糖質を制限すると肝臓に貯蔵してある糖質(グリコーゲン)が使われます。肝臓に糖質1gを貯蔵するときに水分3gが付いた状態で貯蔵されているため、グリコーゲンが使われると同時に体の水分量も減る。体重が減ってもそのほとんどが水分。

③脳はブドウ糖が唯一のエネルギー源。糖質抜きの状態が長期間続くと、集中力の低下や鬱になる。

④糖質不足によりブドウ糖が枯渇すると、脂質を燃焼してエネルギー源としますが、その代謝産物としてケトン体が産生される。ケトン体が多くなると体液が酸性に傾き、悪心や嘔吐、ひどい場合には昏睡状態などを引き起こすようになります。

⑤糖質を摂らない分、タンパク質や脂質の摂取量が増え、栄養バランスが乱れる。過剰なタンパク質は腎機能を悪化させ、過剰な脂質は動脈硬化を促進させて心筋梗塞や脳卒中のリスクを高める恐れがある。

⑥穀物やいも類・果物などから得られる食物繊維や人体に不可欠な栄養素が不足。便秘や骨粗しょう症、低栄養性脂肪肝を引き起こす。

⑦腸内フローラが変わる。


国立国際医療研究センター病院の能登洋さんがアメリカの科学雑誌「プロスワン」に発表した調査では「5年以上糖質制限を続けた人を調査したら20%死亡率」が上がっていた。



結論

「糖質制限ダイエットは、科学的根拠はわからないが、なんだか危険そうなので私は実践するのはやめておう」 


最近は風邪を引く回数が減った。ドライマウスにならないように唾液の分泌管理を意識しているからかも知れない。直接的に影響しているかどうかは知らないが、現在職場の部内で夏風邪が蔓延している。パンデミックと言っても差し支えないレベル(笑)

感染していないのは今日時点で自分のみ。

これが以下の「顔体操」のおかげかどうかはわからない。
実際、毎日「顔体操」しているわけではないが、ガムを噛むなどしてドライマウスにならないように意識しているのは確か。

風邪をひく頻度が減ったのは確か。



引用ここから↓
-------------------------------
 唾液の力でインフルエンザ大幅減「顔体操」の方法は?(AERA)
口の中で自然に分泌されるはずの唾液。だが、近年ドライマウスの人が多い。「正確な統計はありませんが欧米の報告から換算すると、日本人の4人に1人はドライマウス患者ではといわれています」と話すのは、鶴見大学歯学部の斎藤一郎教授。

口が乾くとどうなるのか。唾液には口の中を洗浄する働きがあり、抗菌物質なども含まれるため、唾液が減ると、特にこの季節は風邪やインフルエンザにかかりやすくなる。斎藤教授によると、ドライマウスの患者には大きく3タイプあるという。「唾液そのものが十分に出ない人」「出ているのに蒸発してしまう人」「出ているのに『乾いている』と感じる人」だ。

唾液の蒸発を防ぐため、口の周りの筋肉を鍛える「顔体操」を提唱するのは、福岡市にある「みらいクリニック」の内科医、今井一彰さんだ。
 
この体操は大きく口を開き「あー」「いー」「うー」「べー」と声を出すだけ。

一日30セットを推奨する。

この四つの動作をすることが、口の中に張り巡らされた唾液腺からの唾液分泌を促すそうだ。

特に舌を前に突き出す力を鍛えることで、口呼吸から、人本来の鼻呼吸に戻すことができ、病原菌が口から入るのを防げるという。

寝るときの口テープと鼻うがいも推奨する。

この顔体操で、インフルエンザの罹患率を減らしたのは、福岡県の春日市立須玖小学校。 

2008年から校内で試験導入、12年から全校生徒に家庭での実施も呼びかけると、同年からインフルエンザによる学級閉鎖がなくなったという。田中さえ子養護教諭はこう話す。

「唾液を通して、自分の努力で健康という宝物が手に入ることを子どもたちに教えています」
福岡県八女(やめ)市の星野保育所星光園も12年春から毎朝の活動に取り入れ、インフル感染児をほぼゼロに。八女茶でうがいをし、手洗いをした後に、1~5歳の園児65人が声を上げる。

「免疫力が増していると実感します」(森田さゆり主任保育士)

(AERA 2014年11月24日号より引用)
-------------------------------
引用終わり↑ 

【研究】コレステロール、好きなだけ食べてもOK? 厚労省基準、上限値削除の理由は©2ch.net
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」最新の2015年版では、コレステロールの上限値が削除された。上限値を設ける科学的な根拠がないためという。 
 
朝日新聞デジタル 6月17日(水)12時33分配信 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150617-00000030-asahi-soci  

 
■1日卵5、6個でも正常値 
広島市の会社員高木伸一さん(57)は、17年前から自身のウェブサイト「たまご博物館」で卵に関する情報を紹介し、 「卵博士」として知られる。  「卵を多く食べるとコレステロール値が上がってよくないのではないか」。高木さんには、こんな質問がよく寄せられる。高木さんは卵5、6個と鶏肉、タマネギを使った「親子煮」を毎晩のように食べるほど卵好きだが、健康診断でコレステロール値はいつも正常という。 

「日本人の食事摂取基準」は5年ごとに改訂される。05年版と10年版では、食事で取るコレステロールの上限値を18歳以上の男女別に示していた。男性は1日750ミリグラム未満。 高木さんならば晩酌の卵のみで軽く超えてしまう量だ。 しかし、15年版では上限値が削られた。「目標量を算定するのに十分な科学的根拠が得られなかったため」と理由を記している。 米農務省も今年2月の報告書で、これまで推奨していたコレステロール摂取制限をなくすとした。 

従来の上限値の設定に使ったのは、ハワイの日系中年男性の研究。エネルギー摂取量1千キロカロリーあたりのコレステロール量が325ミリグラムを超えると、心臓の血管に病気を起こす危険が増えたという。 この値を日本の18歳以上の各年代で1日平均摂取量にあてはめて導き出した。 

15年版ではこの算定法を使わなかった。厚労省栄養指導室の担当者は 「コレステロールを摂取すれば体内のコレステロール値を上げると予想されるが、 肥満であることや動物性脂肪の摂取のほうがより上昇させていると考えられる。 コレステロールのみの影響を計算できなかった」と説明する。 

日本以外の研究を集めて分析した13年の論文で、卵の摂取量と心臓などの病気との間に関連がみられなかったことも、 上限をなくす判断材料になったという。 

これまでの研究で、体内にあるコレステロールのうち、食事から取る分は2割程度で、 残りの8割程度は肝臓などでつくられていることがわかっている。 

奥山治美・名古屋市立大名誉教授(脂質栄養生化学)は「コレステロールを摂取するとコレステロール値が上がるという調査結果はあるが、期間が1、2週間。 摂取が多い人と少ない人を数年間比べると差がない。肝臓などがつくる量を調整しているからだ」と話す。 
-------------------------------

卵好きには朗報(笑)

卵は1日いくつ食べてもOK
コレステロールの摂取基準量は科学的根拠なし。
体内コレステロールは8割が肝臓で作られる(食事でコレステロール摂取したら肝臓がつくるコレステロールを調節する)。


 
images (4)


『スーパーの裏側』『「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。』(東洋経済新報社) などの著者で、“食品業界を知り尽くした男”といわれる河岸宏和氏が、すすめる有名外食チェーン
  

①ケンタッキーフライドチキン 
2015年からチキンの素材を100%国内産化。
600項目以上の基準が設けられた高度な衛生管理を誇る工場でカットされ、 生のまま各店舗に届けられる。
店舗でも徹底した温度、衛生管理のもと店舗での調理は行われている。
マニュアルにも約600のチェックポイントがある。
冷蔵庫から取り出してから油で揚げるまでの時間も厳格に守られている。

②ミスタードーナツ 
研修施設で学んだスタッフが管理し、室温や粉の温度にまで注意を払って各店舗で手作りする。
オイルは純植物性でトランス脂肪酸値を大幅に抑えたものを使用。
油は毎日ろ過し、酸化判定をして基準値を超えたら廃棄している。 
小麦粉の配合や、コーヒー豆の品種や産地選びも追求しており、原材料へのこだわりに妥協がない。 

③がってん寿司
社員全員が職人。仕込みも握りもできる技術者が各店舗にいる。
オープンキッチンで職人が握っている。
仕入れは毎日、築地や大宮、 小田原などを使い分けている。
鮮度チェックは20分に1回、30分に1回の手洗いなど、衛生管理が徹底されている。 

④丸亀製麺
小麦粉、水、塩だけで麺を作っているため、一切余計なものは入っていない。
季節や湿度、気候に合わせて水分量や小麦の温度も管理するほどのこだわり。
店内で製麺される様子がガラス張りで見られる。 


-------------------------------

ケンタッキーフライドチキンがこんなにも、安心できるチェーン店だとは意外だった。以前、ガラスの破片が異物混入したニュースが出てからは怖くて行っていない。
ミスタードーナツは、たまに行く。まあ、安心して食べている方。
がってん寿司は近所にないので行ったことはない。
丸亀製麺はよく行く。しかし、フェイスブックか何かで、ザルうどんのザルの裏側がカビだらけだったと言う暴露記事を読んでからはちょっと行く回数は減ったかも。

ちなみに、マクドナルドへは・・・長らく行っていない(笑) 



 

炭水化物ダイエットが一時基、流行った。しかし、炭水化物がいきなり欠如すると欝や肌荒れを起こす。あるいは寿命がが短くなる。などの弊害もわかってきた。

では、一体何を食べればいいの?

米国のモデルの間では、日本食が一番良いとされている。日本食専門のフードコーディネイターもひっぱりだこらしい。


以下、ヤフーヘルスケアより参考記事
-------------------------------

「やせる食事」は1975年にあり!今の食事との5つの違い

掲載日:2015/4/24


「やせる食事」は1975年にあり!今の食事との5つの違い

1975年は何が違うの? 今の食事と徹底比較

【違い1】主食はごはんが中心で今よりたっぷり食べていた

1975年は、今よりもごはんを1食40g多く食べていました。ごはんは、麺類と比べ胃腸での滞留時間が長く、腹持ちがいいのが特徴。近年、糖質制限ダイエットが話題ですが、ごはんに慣れ親しんだ食生活から急に糖質を抜くと内臓に負担がかかります。ふだんと違う消化をしなければならないので、代謝に悪影響をおよぼす可能性があるのです」(東北大学大学院農学研究科 准教授・都築 毅先生)

【違い2】大豆製品をはじめ豆類のおかずが豊富だった

「今の食事は、1975年よりも大豆などの豆類やみその使用量が減少。豆類のおかずの品数も少なくなっています。豆類には、脂肪酸のリノレン酸が豊富です。この成分は、体内でつくることができない必須脂肪酸で、血中中性脂肪を下げる働きがあるといわれています。また、リノレン酸は体内でDHA、EPAに変換されることも知られています」

【違い3】今よりも果物を多くとっていた

「今の食事は、1975年と比較して果物の使用量が約⅔量に減っています。デザートで甘いものをとるなら、砂糖を含む菓子類よりも果物をとったほうが太りにくいでしょう。果物には酵素が含まれるので消化吸収が助けられ、ビタミンやミネラルも補給できます」

【違い4】生より加熱調理して野菜をとることが多かった

「野菜の1日の使用量は、1975年より今のほうが多くなっています。しかし、種類数では1975年のほうが上。メニューでは、今は食感のやわらかい生野菜サラダが中心です。1975年は、青菜の煮びたし、根菜の煮物など、加熱調理をして野菜をたっぷりとっていました」

【違い5】今よりも魚介が多く肉に偏っていなかった

魚介・肉類の主菜をバランスよくとっていた1975年と比べ、今は肉類の主菜に偏っています。魚介に含まれるDHA、EPAは、血中中性脂肪を抑え、脂肪を蓄積しにくくします。さらに、魚肉たんぱくは代謝され良質なペプチドになり、豚や牛などのたんぱくよりも体に脂肪がつきにくいとされています。肉類の主菜が続いていないか、食生活を見直して」

食材の種類が豊富な1975年の食事

1975年の食事で最も注目すべきは、使用食材の種類の豊富さです。
同じカロリーを摂取しても、バランスのよい食事と偏りのある食事とでは、食材の栄養成分の種類によって、体内での吸収・代謝機構(エネルギーの吸収や代謝をおこなう経路)が異なるため、太りやすさが大きく変わるそう。
現代の食事のように、ごはんを抜いて肉中心の食事をするなど、バランスを欠く食べ方をすると、内臓へのストレスで脂肪を蓄積しやすい体になる可能性大!

やせやすい1975年の食事に近づけるには、お米を中心として、豆類、果物、魚介、海藻を多く使用するのがカギ。


http://medical.yahoo.co.jp/diet/column/10577/

-------------------------------
引用終わり↑ 

ポイント

①腹持ちの良いごはんを摂る。
②リノレン酸豊富な豆を摂る。
③酵素が含まれる果物を摂る。
④加熱野菜をたっぷり摂る。
⑤もっと魚介を摂る。




 

↑このページのトップヘ