気まぐれメモブログ2019

「自分自身が知りたいこと」を自分なりに調べてまとめてメモってます。中立的な独自視点で気になるニュースや情報をまとめてメモっていきます♪極力ソース元に近い上流の情報を採用しています。アフィリエイト広告は貼りますが、アフィリエイト広告主をヨイショする記事や、ウソ、誇張は書きません。感じたままを書きます。ちょうちん記事は嘘くさいので書きません。記事によっては「未確認」の情報(ネットの噂レベル、便所の落書き)を載せていますので、内容の真贋については保証の限りではありません。わからない情報については「わからない」と正直に書きます。嘘くさいのやステマは自分自身が嫌いなので書きません。 Since 2014.11.17

2015年02月

以下の話題は当サイトでは検証途中です。
よって、肯定も否定もしていません。単なるメモです。



真贋の程は確かめるすべも無いが、イスラム国ISISの(指導者の)バグダディは、モサドとCIAとMI6が育てたとエドワード・スノーデン暴露しているという話がネットを駆け巡っている。

つまりISISは、米・英・イスラエル・国際金融資本(米金融ユダヤ)が、中東に居座って戦争利権を確保するために作った自作自演の物語であり、ツールである。米欧の潤沢な資金で、テロは育てられているという話。

-------------------------------

まとめると

・イスラム国の指導者
アブ・バ クル・アル・バグダディはユダヤ人で本名がサイモンエリオットでモサドの工作員。
・マケイン上院議員とも関与があり、証拠写真もある。
英国と米国の諜報機関とモサドが共同でISISを創った。 なぜ創ったか?それは
スズメ蜂の巣(Hornet nest)と呼ばれる作戦によって世界の全ての過激派を一カ所に引き寄せる作戦。 
・また、宗教的なイスラムス ローガンを創り出すことによってシオニストを保護。 
ユダヤ国家の保護の為に、その国境近くにあえて仮想の敵を作り出した。
・上記は全て元CIA・NSA職員であった
スノーデンによって暴露された。 

イスラエルのネタニヤフ首相は、公式 な発言として「イスラエルや米国は、 ISISとイランとの 戦いを傍観し、両者が弱体化するのを 待つべきだ」と発言。 
・イランの革命防衛隊幹部も「ISISは、イスラム教のイ メージを悪化させる目的で、敵方(米 イスラエル)の シンクタンクによって考案された組織 だ」と発言。 

142217125144637801178






-------------------------------


いつも、思うのだが、この類の情報発信手法は全てあえて「胡散臭く」発信されていて「都市伝説扱い」「デマ扱い」をされてほしいかの如くである。

「事実の積み重ねによる推論」だけなら、ヒステリックに頭から否定する必要もないと思う。

憶測と推論だけでモノをいうことが全て「都市伝説」や「デマ」になるなら、「経済予測」とか「政治評論」なんかも・・・

ぜーーーーーんぶ「都市伝説」になる(笑)

かすりもしない「経済予測」こそ、もっと「都市伝説」「デマ扱い」されても良いのでは?(笑)


■頭から否定はしていないサイト

http://7fukuzin.at.webry.info/201501/article_136.html

↑なかなか鋭い分析

http://my.shadowcity.jp/2015/02/isis-4.html

↑なかなか面白く、わかりやすい


http://asvaghosa.blog.fc2.com/blog-entry-206.html


↑謎の真相・・・ちょっと怪しい雰囲気

http://blog2.tumuzikaze.net/index.php?QBlog-20140822-1

↑写真多数、レプタリアン?宇宙人が裏から支配している?かなり怪しい雰囲気(笑)



当然、デマだと否定しているサイトもある

■否定しているサイト


http://open.mixi.jp/user/12631570/diary/1938087022

↑デマかどうかを慎重に検証




















■肯定サイトの情報の元となったソース



引用ここから↓
-------------------------------
http://www.globalresearch.ca/isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-trained-by-israeli-mossad-nsa-documents-reveal/5391593


ISIS Leader Abu Bakr Al Baghdadi Trained by Israeli Mossad, NSA Documents Reveal

By Gulf Daily News
Global Research, July 16, 2014
Gulf Daily News
Region: Middle East & North Africa
Theme: Intelligence, US NATO War Agenda
 abu bakr al baghdadi
The former employee at US National Security Agency (NSA), Edward Snowden, has revealed that the British and American intelligence and the Mossad worked together to create the Islamic State of Iraq and Syria (ISIS).

Snowden said intelligence services of three countries created a terrorist organisation that is able to attract all extremists of the world to one place, using a strategy called “the hornet’s nest”.

NSA documents refer to recent implementation of the hornet’s nest to protect the Zionist entity by creating religious and Islamic slogans.

According to documents released by Snowden, “The only solution for the protection of the Jewish state “is to create an enemy near its borders”.

Leaks revealed that ISIS leader and cleric Abu Bakr Al Baghdadi took intensive military training for a whole year in the hands of Mossad, besides courses in theology and the art of speech.

以下、Google機械翻訳(多少修正)

 ISISリーダーアブー·バクルアルバグダッドの住民はイスラエルのモサドによる訓練を受けと言う、NSAの文書が明らかに

米国国家安全保障局(NSA)の元職員、エドワード·スノーデンは、イギリスとアメリカとモサドがイラクとシリア(ISIS)のイスラム国家を創造したことを明らかにした。その作戦とは、3カ国の諜報機関は、「スズメバチの巣」と呼ばれる戦略により、一つの場所に世界のすべての過激派を誘致するというもの。

NSA文書は、宗教的なイスラムスローガンをつくることで、シオニストの自主独立性を保護することが狙い。スノーデンが発表した文書によると、「ユダヤ人国家の保護のための唯一の解決策」とは、「国境の近くに敵を作成すること」。

リークは、ISISのリーダーと聖職者アブ·バクルアルバグダッドの住民は、神学のコースと音声の芸術に加え、モサドの手の中に全体の年のために集中的な軍事訓練を取ったことを明らかにした。

-------------------------------
引用終わり↑


事実





 

引用ここから↓
-------------------------------
http://www.presstv.ir/detail/2014/08/23/376292/isils-baghdadi-trained-by-mossad/

 Press TV has conducted an interview with Edward Corrigan, a human rights attorney, from Ontario, about the irony of American airstrikes on ISIL militants in Iraq, an entity created and supported by the US itself. 
The following is an approximate transcript of the interview.

Press TV: The situation dealing with the ISIL terrorists continues to spiral out of control now we’ve seen that more and more Westerners are actually also involved in this.

We see now in the United States, the UK and other Western governments condemning the terrorists for their actions. The question is, do you think they would have even gotten this far if it hadn’t been for the situation in Syria and basically the propping up of these kinds of groups by Western governments?  

Corrigan: I agree with that. I think the whole ISIS, ISIL were generated by the West.

The Americans, the British, the Israelis have all been supporting them with arms and money; they’ve also gotten money from some Western client states like Saudi Arabia, Kuwait and Qatar.

The original foundation is simply from British intelligence. According to documents supposedly released by Edward Snowden, Abu al-Baghdadi who is supposed to be the head of ISIL, he was trained by the MOSSAD for a year and may in fact be a MOSSAD agent.
He is trying to organize Islamic fundamentalist and radicals to destroy the secular national Arab state of Syria and they’ve expanded into Iraq.

But you’ve got the American government, British government and the Israelis supporting the Islamic fundamentalists in Syria, ISIL, giving them weapons and arms and at the same time they’re attacking them because they’re posing a threat to the American client state in Iraq.

So you’re arming them in Syria and then you’re attacking the same people in Iraq. I think that’s my definition of insanity. You can’t have it both ways.
The other thing is, according to documents released by Edward Snowden that this is sort of a honey-trap where they want to gather all of the Islamic radicals and militants in one place; they control them, use them for their own purposes, but also maybe in the end destroy them.

And especially when you’re getting Islamic militants coming from the United States, Britain and other countries... the person who executed the gentleman journalist in Iraq, he had a British accent.

So you are concentrating them there, using them to destroy Syria obviously, but now they are posing a threat to Iraq and they’re talking about attacking Saudi Arabia and other feudal countries in the Persian Gulf region.

It’s a very dangerous game; it’s a crazy game... ISIL supposedly executed 2,000 Yazidis (Kurdish community); they’re fighting the Iraqi government; they’re fighting the Kurds – the whole thing is chaos and destruction and out of that supposedly some people think they can get some sort of political and economic benefit.        

But it really is a crazy policy that doesn’t make any sense unless your idea is to destroy the whole region.

Press TV: What about what you just said, “unless your goal is to destroy the whole region”... When Western countries support this type of terrorist or extremist behavior, going into it do they not realize that it could also go back to haunt them? 

Obviously this type of insanity you can’t control and just limit to a particular country or region, but it will expand as we have seen so many individuals from all over the world joining in to fight for ISIL. So why can’t they as far as these political experts and strategists that look all at these situations prior to going into it, why could they not have foreseen this happening?  

Corrigan: It’s happened repeatedly. I think part of it is the arrogance of the CIA and British and Israeli planners because they think they can control the situation.

But what you’re talking about is the term ‘blowback’, when you support Islamic radical to let’s say the Russian in Afghanistan and then when they turn on you and perhaps were involved in the 9/11 attack or other terrorist attacks against the United States... you train the you arm them you show them how to do things and then you’re happy they’re attacking the superpower of Russia in Afghanistan, but when they turn their attention to the other superpower then you get upset.

But it’s something that they really set the dynamics for and trained people, armed them and given them the weapons. So you’ve given the weapons to ISIL in Syria and the same weapons end up in Iraq fighting allies of the American government. 

I think it’s arrogance and hubris that they think they can do it, but now they realize there is a real threat of blowback and terrorist attack especially if they’re British or American citizens who are trained at basically the defense of the Americans or the British and the Israelis and then they’re also going to resort to terrorism in their home countries.

So that is a real possibility. And of course it happened with al-Qaeda. All-Qaeda really means the database. It was a data base of Islamic radicals that they want to use against Russia, against the Serbians in Bosnia and also ultimately against the Russians with their Muslim populations in Russia and Muslims in China as well.

But it’s out of control and the blowback was perhaps the destruction of the American ship, the attack on 9/11, which there is a number of different theories for, but it is the basic theory held by the American government.

It’s blowback and they are getting bitten by a snake of their own creation and that is the irony. Arrogance on the part of these CIA planners that think they can do this and so control the situation when in fact they cannot.          

SC/NN


以下、Google機械翻訳

-------------------------------

 プレスTVはイラク、米国自身が作成され、サポートされているエンティティでISILの過激派に対するアメリカの空爆の皮肉について、オンタリオ州から、エドワード·コリガン、人権弁護士とのインタビューを行ってきました。

以下はインタビューのおおよその転写産物である。

プレスTV:ISILのテロリストを扱う状況は、コントロールの今我々は、より多くの西洋人は、実際にも、このに関与していることを見てきたからスパイラルを続けています。

当社は、米国、英国、彼らの行動のためにテロリストを非難する他の西側政府に今見る。それは基本的にはシリア情勢と西洋の政府によるグループのこれらの種類の下支えがなかったら質問は、あなたは彼らもここまで得ていると思いますか?

コリガン:私はそれに同意する。私は、全体のISIS、ISILは西によって生成されたと思います。

アメリカ人、イギリス、イスラエル人は、すべての武器とお金でそれらを支援している。彼らはまた、サウジアラビア、クウェート、カタールのようないくつかの欧米のクライアントの状態からお金を得ている。

オリジナルの基盤は、英国の諜報から単純です。 ISILの頭部ことになっているはずのエドワード·スノーデン、アブ·アルバグダッドの住民が発表した文書によると、彼は年のためにモサドによって訓練され、実際にはモサド剤であってもよい。
彼はシリアの世俗国家のアラブ国家を破壊するイスラム原理主義とラジカルを整理しようとしていると彼らはイラクに展開しました。

しかし、あなたは、シリア、ISILのイスラム原理主義を支える彼らに武器と武器を与え、彼らはアメリカのクライアントの状態に脅威を与えているので、同時に彼らはそれらを攻撃しているアメリカ政府、イギリス政府とイスラエル人を持っているイラクで。

だから、シリアでそれらを武装していて、あなたは、イラクで同じ人を攻撃している。私はそれが狂気の私の定義だと思う。あなたはそれを両方の方法を持つことはできません。
他の事は、これは、彼らが一つの場所でイスラムラジカルや過激派のすべてを収集するハニートラップの一種であることをエドワード·スノーデンが発表した文書によると、です。彼らは、それらを制御する独自の目的のためにそれらを使用するだけでなく、多分、最後にそれらを破壊する。

そして、特にあなたは、米国、英国、...イラクで紳士ジャーナリストを実行した人は、彼が持っていた英国のアクセント他の国々からのイスラム過激派を取得しているとき。

だから、それらをそこに集中し、明らかにシリアを破壊するためにそれらを使用したが、今、彼らはイラクへの脅威となっている、彼らはペルシャ湾岸地域でサウジアラビアと他の封建国を攻撃して話をしているされている。

これは非常に危険なゲームだ。それはクレイジーゲームだ... ISILは、おそらく2000 Yazidis(クルド地域社会)を実行し、彼らはイラク政府を戦っている。彼らは、クルド人を戦っている - 全体のことは、混乱と破壊であり、その外におそらく一部の人々は、彼らが政治的、経済的利益のいくつかの並べ替えを得ることができると思います。

しかし、それは本当にあなたのアイデアが地域全体を破壊することでない限り、どんな意味がありませんクレイジーポリシーがある。

プレスTVは:"あなたの目標は地域全体を破壊することでない限り、「あなたがちょうど言ったことについては何、...欧米諸国はそれに行く、テロリストや過激派の行動のこのタイプをサポートする場合、彼らはそれはまたに戻って行くことができることを認識していませんそれらを悩ま?

明らかに狂気のこのタイプは、あなたがコントロールすることはできませんし、単に特定の国や地域に限定したが、私たちは世界中のISILのために戦うことで参加するように多くの個人を見てきたようにそれが展開されます。では、なぜ彼らははるかに前にそこに行くことに、これらの状況をまったく見てこれらの政治専門家や戦略家は、なぜ彼らはこの出来事を予見できなかったことができないように?

コリガン:それは繰り返し起こった。私は、彼らが状況をコントロールすることができると思うので、それの一部はCIAと英国とイスラエルのプランナーの傲慢だと思う。

しかし、あなたが話していると、あなたは彼らがユナイテッド戦9/11攻撃や他のテロ攻撃に関与した、おそらくあなたをオンにしたときの、その後アフガニスタンでロシア語を言うとletするイスラム過激派のサポート場合、用語「ブローバック」、である米国では...あなたは、あなたがどのように物事を行うためにそれらを表示し、あなたは彼らがアフガニスタンでロシアの超大国を攻撃している満足しているが、彼らは、他の超大国に目を回したときに怒るそれらを武装訓練。

しかし、それは彼らが本当にのためのダイナミクスを設定し、人々を訓練し、彼らを武装し、武器彼らに与えられたものをだ。だから、シリアでISILに武器を与えてくれたし、同じ武器はアメリカ政府の同盟国との戦いイラクで終わる。

私はそれは彼らがそれを行うことができると思う傲慢さと傲慢だと思うが、今、彼らはブローバック、彼らはアメリカ人やイギリスの基本的防衛で訓練されている英国やアメリカの市民をしている場合は特にテロ攻撃の本当の脅威があると理解するとイスラエルとはその後、彼らはまた、彼らのホームの国でテロに訴えるつもりだ。

だから、本当の可能性がある。そしてもちろん、それはアルカイダで起こった。すべてのアルカイダは本当にデータベースを意味します。それは彼らがボスニアでのセルビア人とも最終的にだけでなく、中国でロシアとイスラム教徒でのイスラム教徒人口ロシア人に対するに対して、ロシアに対して使用するイスラムラジカルのデータ·ベースだった。

しかし、それは制御不能だとブローバックは、おそらくのために異なる多くの理論があるアメリカの船、9.11の攻撃の破壊だったが、それは、アメリカ政府が保有する基本的な理論である。

それはブローバックだと彼らは、自分の創作のヘビにかま得ている、それは皮肉である。彼らがこれを行うとするとき、実際にはできないような状況を制御することができると思うこれらのCIAプランナーの一部に傲慢。

SC / NN
-------------------------------
引用終わり↑


引用ここから↓
-------------------------------
http://www.voltairenet.org/article185085.html

John McCain, Conductor of the "Arab Spring" and the Caliph
by Thierry Meyssan
Everyone has noticed the contradiction of those who recently characterized the Islamic Emirate as "freedom fighters" in Syria and who are indignant today faced with its abuses in Iraq. But if that speech is incoherent in itself, it makes perfect sense in the strategic plan: the same individuals were to be presented as allies yesterday and must be as enemies today, even if they are still on orders from Washington. Thierry Meyssan reveals below US policy through the particular case of Senator John McCain, conductor of the "Arab Spring" and longtime partner of Caliph Ibrahim.

VOLTAIRE NETWORK | DAMASCUS (SYRIA) | 18 AUGUST 2014 
ITALIANO  PORTUGUÊS  TÜRKÇE  DEUTSCH  فارسى  ESPAÑOL  FRANÇAIS  POLSKI  РУССКИЙ  ΕΛΛΗΝΙΚΆ 
+
JPEG - 21.9 kb
Are Barack Obama and John McCain political opponents as they claim, or are they working together on the imperialist strategy of their country?
John McCain is known as the leader of the Republicans and unhappy 2008 US presidential candidate. This is, we will see, only the real part of his biography, which serves as a cover to conduct covert actions on behalf of his government.

When I was in Libya during the "Western"attack, I was able to view a report of the foreign intelligence services. It stated that, on February 4, 2011 in Cairo, NATO organized a meeting to launch the "Arab Spring" in Libya and Syria. According to this document, the meeting was chaired by John McCain. The report detailed the list of Libyan participants, whose delegation was led by the No. 2 man of the government of the day, Mahmoud Jibril, who abruptly switched sides at the entrance of the meeting to become the opposition leader in exile. I remember that, among the French delegates present, the report quoted Bernard-Henry Lévy, although officially he had never exercised functions within the French government. Many other personalities attended the symposium, including a large delegation of Syrians living abroad.

Emerging from the meeting, the mysterious Syrian Revolution 2011 Facebook account called for demonstrations outside the People’s Council (National Assembly) in Damascus on February 11. Although this Facebook account at the time claimed to have more than 40,000 followers, only a dozen people responded to its call before the flashes of photographers and hundreds of police. The demonstration dispersed peacefully and clashes only began more than a month later in Deraa. [1]

On February 16, 2011, a demonstration underway in Benghazi, in memory of members of the Islamic Fighting Group in Libya [2] massacred in 1996 in the Abu Selim prison, degenerated into shooting. The next day, a second event, this time in memory of those who died by attacking the Danish consulate during the Muhammad cartoons affair, also degenerated into shooting. At the same time, members of the Islamic Fighting Group in Libya ,coming from Egypt and coordinated by unidentified, hooded individuals, simultaneously attacked four military bases in four different cities. After three days of fighting and atrocities, the rebels launched the uprising of Cyrenaica against Tripolitania [3]; a terrorist attack that the western press falsely presented as a "democratic revolution" against "the regime" of Muammar el-Qaddafi.

On February 22nd, John McCain was in Lebanon. He met members of the Future Movement (the party of Saad Hariri) whom he charged to oversee the transfer of arms to Syria around the MP Okab Sakr [4]. Then, leaving Beirut, he inspected the Syrian border and the selected villages including Ersal, which were used as a basis to back mercenaries in the war to come.

The meetings chaired by John McCain were clearly the trigger point for a long-prepared Washington plan; the plan that would have the UK and France attack Libya and Syria simultaneously, following the doctrine of "leadership from behind" and the annex of the Treaty of Lancaster House of November 2010. [5]

The Illegal Trip to Syria, April 2013

In May 2013, Senator John McCain made his way illegally to near Idleb in Syria via Turkey to meet with leaders of the "armed opposition". His trip was not made public until his return to Washington. [6]

This movement was organized by the Syrian Emergency Task Force, which, contrary to its title, is a Zionist Organization led by a Palestinian employee of AIPAC [7]

JPEG - 26.1 kb
John McCain in Syria. In the foreground at right is the director of the Syrian Emergency Task Force. In the doorway, center, Mohammad Nour.
In photographs released at that time, one noticed the presence of Mohammad Nour, a spokesman for the Northern Storm Brigade (of the Al-Nosra Front, that is to say, al-Qaeda in Syria), who kidnapped and held 11 Lebanese Shiite pilgrims in Azaz. [8] Asked about his proximity to al-Qaeda kidnappers, the Senator claimed not to know Mohammad Nour who would have invited himself into this photo.

The affair made a great noise and the families of the abducted pilgrims lodged a complaint before the Lebanese judiciary against Senator McCain for complicity in kidnapping. Ultimately, an agreement was reached and the pilgrims were released.

Let’s suppose that Senator McCain had told the truth and that he was abused by Mohammad Nour. The object of his illegal trip to Syria was to meet the chiefs of staff of the Free Syrian Army. According to him, the organization was composed "exclusively of Syrians" fighting for "their freedom" against the "Alouite dictatorship” (sic). The tour organizers published this photograph to attest to the meeting.

JPEG - 26.5 kb
John McCain and the heads of the Free Syrian Army. In the left foreground, Ibrahim al-Badri, with which the Senator is talking. Next, Brigadier General Salim Idris (with glasses).
If we can see Brigadier General Idriss Salem, head of the Free Syrian Army, one can also see Ibrahim al-Badri (foreground on the left) with whom the senator is talking. Back from the surprise trip, John McCain claimed that all those responsible for the Free Syrian Army were "moderates who can be trusted" (sic).

JPEG - 24.2 kb
However, since October 4, 2011, Ibrahim al-Badri (also known as Abu Du’a) was on the list of the five terrorists most wanted by the United States (Rewards for Justice). A premium of up to $ 10 million was offered to anyone who would assist in his capture. [9] The next day, October 5, 2011, Ibrahim al-Badri was included in the list of the Sanctions Committee of the UN as a member of Al Qaeda. [10]

In addition, a month before receiving Senator McCain, Ibrahim al-Badri, known under his nom de guerre as Abu Bakr al-Baghdadi, created the Islamic State in Iraq and the Levant (ÉIIL) – all the while still belonging to the staff of the very "moderate" Free Syrian Army. He claimed as his own the attack on the Taj and Abu Ghraib prisons in Iraq, from which he helped between 500 and 1,000 jihadists escape who then joined his organization. This attack was coordinated with other almost simultaneous operations in eight other countries. Each time, the escapees joined the jihadist organizations fighting in Syria. This case is so strange that Interpol issued a note and requested the assistance of the 190 member countries. [11]

For my part, I have always said that there was no difference on the ground between the Free Syrian Army, Al-Nosra Front, the Islamic Emirate etc ... All these organizations are composed of the same individuals who continuously change flag. When they pose as the Free Syrian Army, they fly the flag of French colonization and speak only of overthrowing the "dog Bashar." When they say they belong to Al-Nosra Front, they carry the flag of al Qaeda and declare their intention to spread Islam in the world. Finally when they say they are the Islamic Emirate, they brandish the flag of the Caliphate and announce that they will clean the area of all infidels. But whatever the label, they proceed to the same abuses: rape, torture, beheadings, crucifixions.

Yet neither Senator McCain nor his companions of the Syrian Emergency Task Force provided the information in their possession on Ibrahim al-Badri to the State Department, nor have they asked for the reward. Nor have they informed the anti-terrorism Committee of the UN.

In no country in the world, regardless of their political system, would one accept that the opposition leader be in direct contact, and publicly friendly, with a very dangerous wanted terrorist.

Who Then is Senator McCain?

But John McCain is not just the leader of the political opposition to President Obama, he is also one of his senior officials!

He is in fact President of the International Republican Institute (IRI), the republican branch of NED / CIA [12], since January 1993. This so-called "NGO" was officially established by President Ronald Reagan to extend certain activities of the CIA, in connection with the British, Canadian and Australian secret services. Contrary to its claims, it is indeed an inter-governmental agency. Its budget is approved by Congress in a budget line dependent of the Secretary of State.

It is also because it is a joint agency of the Anglo-Saxon secret services that several states in the world prohibit it from any activity on their territory.

JPEG - 21.8 kb
Accused of plotting the overthrow of President Hosni Mubarak for the Muslim Brotherhood, the two employees of the International Republican Institute (IRI) in Cairo, John Tomlaszewski (second right) and Sam LaHood (son of US-Lebanese, Ray LaHood, a democratic government Transportation Secretary) (second left) took refuge at the embassy of the United States. Here they are along with Senators John McCain and Lindsey Graham at the preparatory meeting of the "Arab Spring" in Libya and Syria. They would be released by Brother Mohamed Morsi when he became President.
The list of interventions by John McCain on behalf of the State Department is impressive. He participated in all the color revolutions of the last twenty years.

To take only a few examples, ever in the name of "democracy", he prepared the failed coup against constitutional president Hugo Chávez in Venezuela, [13] the overthrow of constitutionally elected president Jean-Bertrand Aristide in Haiti [14], the attempt to overthrow the constitutional President Mwai Kibaki in Kenya [15] and, more recently, the ousting of the constitutional president of Ukraine, Viktor Yanukovych.

In any state in the world, when a citizen takes initiative to topple the regime of another State, he may be appreciated if successful and the new regime proves an ally, but he will be severely condemned when his initiatives have negative consequences for his own country. Now, Senator McCain never was harassed because of his anti-democratic actions in states where it has failed and who have turned against Washington. In Venezuela, for example. That is because, for the United States, John McCain is not a traitor, but an agent.

And an agent that has the best coverage imaginable: he is the official opponent of Barack Obama. As such, he can travel anywhere in the world (he is the most traveled US senator) and meet whoever he wants without fear. If his interlocutors approve Washington policy, he promised them to continue it, if they fight it, he hands over the responsibility to President Obama.

John McCain is known to have been a prisoner of war in Vietnam for five years, where he was tortured. He was involved in a program designed not to extract information but to instill speech. This was to transform his personality in order that he make statements against his own country. This program, studied based on the Korean experience for the Rand Corporation by Professor Albert D. Biderman, served as the basis for research at Guantánamo and elsewhere by Dr. Martin Seligman [16]. Applied under George W. Bush to more than 80,000 prisoners, it has transformed many of them into real fighters serving Washington. John McCain, who had cracked in Vietnam, therefore understands. He knows how to unscrupulously manipulate jihadists.

What is the US strategy with the jihadists in the Levant?

In 1990, the United States decided to destroy its former Iraqi ally. Having suggested to President Saddam Hussein that they would consider the attack of Kuwait as an Iraqi internal affair, they used this attack as an excuse to mobilize a broad coalition against Iraq. However, because of the opposition of the USSR, they did not overthrow the regime, but were content to administer a no-fly zone.

In 2003, France’s opposition was not enough to offset the influence of the Committee for the Liberation of Iraq. The United States attacked the country again and this time overthrew President Hussein. Of course, John McCain was a major contributor to the Committee. After handing to a private company the care of plundering the country for a year [17], they tried to partition Iraq into three separate states, but had to give it up due to the resistance of the population. They tried again in 2007, around the Biden-Brownback resolution, but again failed. [18] Hence the current strategy that attempts to achieve this by means of a non-state actor: the Islamic Emirate.

JPEG - 11.2 kb
The operation was planned well in advance, even before the meeting between John McCain and Ibrahim al-Badri. For example, internal correspondence from the Qatari Ministry of Foreign Affairs, published by my friends James and Joanne Moriarty [19], shows that 5,000 jihadis were trained at the expense of Qatar in NATO’s Libya in 2012, and 2,5 million dollars was paid at the same time to the future Caliph.

In January of 2014, the Congress of the United States held a secret meeting at which it voted, in violation of international law, to approve funding for the Al-Nosra Front (Al-Qaeda) and the Islamic emirate in Iraq and the Levant until September 2014. [20] Although it is unclear precisely what was really agreed to during this meeting revealed by the British Reuters news agency [21], and no media US media dared bypass censorship, it is highly probable that the law includes a section on arming and training jihadists.

Proud of this US funding, Saudi Arabia has claimed on its public television channel, Al-Arabiya, that the Islamic Emirate was headed by Prince Abdul Rahman al-Faisal, brother of Prince Saud al Faisal (Foreign Minister) and Prince Turki al-Faisal (Saudi ambassador to the United States and the United Kingdom) [22].

The Islamic Emirate represents a new step in the world of mercenaries. Unlike jihadi groups who fought in Afghanistan, Bosnia-Herzegovina and Chechnya around Osama bin Laden, it does not constitute a residual force but actually an army in itself. Unlike previous groups in Iraq, Libya and Syria, around Prince Bandar bin Sultan, they have sophisticated communication services at their disposal for recruitment and civilian officials trained in large western schools capable of instantly taking over the administration of a territory.

Brand new Ukrainian weapons were purchased by Saudi Arabia and conveyed by the Turkish secret services who gave them to the Islamic Emirate. Final details were coordinated with the Barzani family at a meeting of jihadist groups in Amman on 1 June 2014. [23] The joint attack on Iraq by the Islamic Emirate and the Kurdistan Regional Government began four days later. The Islamic Emirate seized the Sunni part of the country, while the Kurdistan Regional Government increased its territory by over 40%. Fleeing the atrocities of jihadists, religious minorities left the Sunni area, paving the way for the three-way partition of the country.

Violating the Iraqi-US Defense agreement, the Pentagon did not intervene and allowed the Islamic Emirate to continue its conquest and massacres. A month later, while the Kurdish Peshmerga Regional Government had retreated without a fight, and when the emotions of world public opinion became too strong, President Obama gave the order to bomb some positions of the Islamic Emirate. However, according to General William Mayville, director of operations at the headquarters, "These bombings are unlikely to affect the overall capacity of the Islamic Emirate and its activities in other areas of Iraq or Syria ". [24] Obviously, they are not meant to destroy the jihadist army, but only to ensure that each player does not overlap the territory that has been assigned. Moreover, for the moment, they are symbolic and have destroyed only a handful of vehicles. It was ultimately the intervention of the Kurds of the Turkish and Syrian Kurdish PKK which halted the progress of the Islamic Emirate and opened a corridor to allow civilians to escape the massacre.

Much disinformation is circulating about the Islamic Emirate and its caliph. The Gulf Daily News newspaper claimed that Edward Snowden had made revelations about it. [25] However, after verification, the former US spy published nothing about it. Gulf Daily News is published in Bahrain, a state occupied by Saudi troops. The article aims to clear only Saudi Arabia and Prince Abdul Rahman al-Faisal of their responsibilities.

The Islamic Emirate is comparable to the mercenary armies of the European sixteenth century. They were conducting religious wars on behalf of the lords who paid them, sometimes in one camp, sometimes in another. Caliph Ibrahim is a modern condottiere. Although he is under the orders of Prince Abdul Rahman (Member of Sudeiris clan), it would not be surprising if he continued his epic in Saudi Arabia (after a brief detour in Lebanon or Kuwait) and determine the Royal succession favoring the Sudeiris clan over Prince Mithab (son, not brother of King Abdullah).

John McCain and the Caliph

JPEG - 8.8 kb
Ibrahim al-Badri, also known as Abu Du’a, also known as Abu Bakr al-Baghdadi, aka Caliph Ibrahim, mercenary of Prince Abdul Rahman al-Faisal, funded by Saudi Arabia, Qatar and the United States. He can commit all the horrors that are forbidden to states by the Geneva Conventions.
In the latest issue of its magazine, the Islamic Emirate devoted two pages to denounce Senator John McCain as "the enemy" and "double-crosser", recalling his support for the US invasion of Iraq. Lest this accusation remain unknown in the United States, Senator immediately issued a statement calling the Emirate the "most dangerous Islamist terrorist group in the world" [26].

This controversy is there only to distract the gallery. One would like to believe it ... if it were’t for this photograph from May 2013.

Thierry Meyssan
<:ver_imprimer:>  <:recommander:recommander:> Facebook  Twitter Delicious Seenthis Digg RSS

 以下、Google機械翻訳
ジョン·マケイン、「アラブの春」の指揮者とカリフ
ティエリーMeyssanによる
誰もが最近、シリアの「自由の戦士」と誰としてイスラム首長国を特徴とする人々の矛盾は本日、イラクでの人権侵害に直面して憤慨している気付いた。そのスピーチは、それ自体でインコヒーレントであるなら、それは戦略計画で完璧な意味があります:同じ個人が昨日の同盟国として提示された、彼らはワシントンからの注文に残っていても、敵として今日でなければなりません。ティエリーMeyssanは上院議員ジョン·マケイン、「アラブの春」とカリフイブラヒムの長年のパートナーの導体の特定のケースを通じて米国の政策の下に明らかにしている。

VOLTAIRE NETWORK|ダマスカス(シリア)|2014年8月18日
ITALIANOPORTUGUÊS当部門DEUTSCHفارسى日本語FrançaisポルスキРУССКИЙΕΛΛΗΝΙΚΆ
+
JPEG - 21.9キロバイト
彼らが主張するようバラク·オバマとジョン·マケイン政敵があり、またはそれらは自分たちの国の帝国主義の戦略に協力していますか?
ジョン·マケインは、共和党の指導者と不幸2008米国大統領候補として知られています。これは、我々は、カバーが彼の政府を代表して隠密行動を実施することとなって彼の伝記、の実部のみが表示されます、である。

私は「西洋」攻撃中にリビアにいたとき、私は、外国の諜報機関のレポートを表示することができました。それは、カイロで2011年2月4日に、NATOはリビアとシリアの「アラブの春」を起動するための会議を組織し、と述べた。この文書によると、会議はジョン·マケインが議長を務めた。報告書は、委任日の政府の第2の男が主導した、急に会議の入り口に側面を切り替えマフムード·ジブリールは、亡命中の野党指導者になるためにリビアの参加者のリストを詳しく説明。私は正式に彼がフランス政府内の機能を行使したことがなかったが、本フランス代表団の中で、報告書は、バーナード·ヘンリーレヴィを引用し、ことを覚えておいてください。他の多くの人格はシリア人が海外生活の大代表団を含め、シンポジウムに出席した。

会議から新興、2月11日ダマスカスの人民議会(国会)外でデモを呼びかけた神秘的なシリアの革命2011年のFacebookアカウントは時にこのFacebookのアカウントが40,000人以上のフォロワーを持っていると主張したが、唯一のダースの人々がに反応写真家や警察の何百ものフラッシュの前にそのコール。デモは平和的に分散させ、衝突が唯一Deraaの後半ヶ月以上を開始しました。 [1]

2011年2月16日、リビアのイスラムファイティンググループのメンバーのメモリ内のベンガジで進行中のデモ、上の[2]アブセリムの刑務所で1996年に虐殺され、撮影に縮退。次の日には、第二イベント、ムハンマドの漫画の事件の間、デンマーク領事館を攻撃することによって亡くなられた方々のメモリ内のこの時間は、また撮影に縮退。同時に、リビアのイスラムファイティンググループ、エジプトから来て正体不明の、フード付きの個人によってコーディネートのメンバーは、同時に4異なる都市で4軍事基地を攻撃した。戦闘と残虐行為の3日後、反政府勢力はトリポリに対してキレナイカの蜂起を開始しました[3]。西部のプレスが誤ってムアマル·エル·カダフィの「政権」に対する「民主革命」として表示テロ攻撃。

2月22日、ジョン·マケインはレバノンにあった。彼はMP Okabまとめて勧め[4]の周りのシリアへの武器の移転を監督するために充電未来運動(サード·ハリーリーの党)のメンバーに会った。その後、ベイルートを残して、彼はシリア国境と来る戦争で傭兵をバックアップするための基礎として使用されたErsal、など、選択の村を視察。

ジョン·マケインを委員長との会合は明らかに長い準備ワシントン計画のトリガーポイントであった;英国とフランスは「後ろからリーダーシップ」の教義と2010年11月のランカスターハウスの条約の附属書以下、同時にリビアとシリアを攻撃しなければならない計画[5]

シリア、2013年4月に不正な旅

2013年5月には、上院議員ジョン·マケインは「武装反対」の指導者たちに会うためにトルコを経由してシリアに近いIdlebに不法に彼の方法を作った。彼の旅はワシントンへの彼のリターンまで公開されませんでした。 [6]

この移動は、AIPACのパレスチナ人の従業員が率いるシオニスト組織ですそのタイトルに反して、シリアの緊急タスクフォース、主催した[7]

JPEG - 26.1キロバイト
シリアでジョン·マケイン。右のフォアグラウンドではシリアの緊急タスクフォースのディレクターである。戸口、センター、モハマドヌールで。
その時にリリースされた写真では、一つはモハマドヌール、北部の嵐旅団のスポークスマンの存在に気づい誘拐され、11レバノンのシーア派巡礼者を開催し、アルミニウム(Al-Nosraフロントのを、それがシリアのアルカイダは、言うことである) Azazで。 [8]アルカイダの誘拐犯に彼の接近について尋ねられ、上院議員は、この写真に身を招待していたモハマドヌールを知っていないと主張した。

事件は偉大なノイズを作り、拉致巡礼者の家族が誘拐で共犯のためのマケイン上院議員に対するレバノン司法前に苦情を提出。最終的には、合意に達しましたし、巡礼者が釈放された。

それではマケイン上院議員が真実を伝えていたと仮定し、彼はムハンマドヌールによって悪用されたことをしましょう。シリアへの彼の違法の旅の目的は、自由シリア軍のスタッフの首長を満たすためだった。彼によると、組織は「排他的にシリアの「「Alouite独裁」に対する「彼らの自由」(原文のまま)のために戦って構成されていた。写真を公開し、ツアーの主催者は、会議を証明する。

JPEG - 26.5キロバイト
ジョン·マケインと自由シリア軍の頭。左フォアグラウンド、イブラヒム·アル·Badri、中のどのと上院議員は話している。次に、(メガネ付き)准将サリムイドリス。
我々は准将イドリスセーラム、自由シリア軍の頭を見ることができる場合は、1にも上院議員が話している人とイブラヒム·アル·Badri(左のフォアグラウンド)を見ることができます。バック驚きの旅から、ジョン·マケインは、自由シリア軍の責任すべての人が「信用できる穏健派」(原文のまま)であったと主張した。

JPEG - 24.2キロバイト
しかし、2011年10月4日以来、(またアブDu'aとして知られている)イブラヒム·アル·Badriは、ほとんどの米国(正義のための報酬)でたかった5テロリストのリストに載っていた。最高千万ドルの保険料は、彼の捕獲を支援するだろう誰にでも提供された。 [9]次の日、2011年10月5日には、イブラヒム·アル·Badriはアルカイダのメンバーとして国連の制裁委員会のリストに含まれていた。 [10]

すべての中にはまだのスタッフに属する - また、月マケイン上院議員、イブラヒム·アル·Badriを受信する前に、アブー·バクル·アル=バグダーディーとしての彼のNOMデGUERREで知られ、イラクのイスラム国家とレバント(ÉIIL)を作成した非常に「中程度」自由シリア軍。彼は自分のように、彼は500〜千ジハード主義者は、その後彼の組織に参加した人から逃れる助け、そこからイラクのタージとアブグレイブ刑務所、上の攻撃を主張した。この攻撃は8その他の国における他のほとんど同時操作と調整した。たびに、逃亡はシリアでの戦闘ジハード主義組織が参加しました。このケースは、インターポールは、ノートを発行し、190加盟国の支援を要請していることをとても奇妙である。 [11]

私の部分については、私はいつもなど自由シリア軍、アル·Nosraフロント、イスラム首長国の間に地面に差は認められなかったと述べている...これらのすべての組織が継続的にフラグを変更し、同じ個人で構成されている。彼らは自由シリア軍のふりをすると、彼らはフランスの植民地の旗を飛ぶだけ転覆の話「犬バシャールを。」彼らはアル·Nosraフロントに属していると言うとき、彼らはアルカイダの旗を運び、世界のイスラムを広めるために自分の意思を宣言。彼らはイスラム首長国であると言うとき最後に、彼らはカリフの旗を振り回すと、彼らはすべての異教徒の面積をきれいになることを発表。しかし、どのようなラベル、彼らは同じ人権侵害に進ん:レイプ、拷問、斬首、crucifixionsを。

しかし、どちらのマケイン上院議員もシリアの緊急タスクフォースの仲間は、国務省のイブラヒム·アル·Badri上の彼らの所持して情報を提供し、また彼らは報酬を求めている。また、彼らは国連の反テロ委員会に通知している。

関係なく、政治システムの世界では無い国では、1は、野党指導者が直接接触することを受け入れるだろう、と非常に危険なテロリストたかったと、公に優しい。

その後、マケイン上院議員は誰ですか?

しかし、ジョン·マケインがオバマ大統領に政治的反対のだけリーダーではない、彼はまた彼の高官の一つです!

彼は実際にはこれは、いわゆる「NGO」正式にCIAの特定の活動を拡張するためにロナルド·レーガン大統領によって設立された1993年1月以来、共和党国際研究所の社長(IRI)、NED/ CIA[12]の共和党の枝、である、、英国、カナダ、オーストラリア秘密サービスに関連して。その主張に反して、それは確かに政府間機関である。その予算は、国務長官の依存予算線に議会で承認されています。

それは、世界のいくつかの国が自国の領土上の任意のアクティビティからそれを禁止するアングロサクソン秘密のサービスの共同機関であるため、それはまたです。

JPEG - 21.8キロバイト
ムスリム同胞団のためにムバラク大統領の打倒をプロットすると非難、カイロ国際共和党研究所(IRI)、ジョン·Tomlaszewski(第2の右)とサム·ラフッド(US-レバノンの息子、レイモンド·ラフッド、民主的な政府の二人の従業員第二左運輸長官は)()は、米国の大使館で避難した。ここで彼らはリビアとシリアの「アラブの春」の準備会合で一緒に上院議員ジョン·マケインとリンジーグラハムとしています。彼が大統領になったとき、彼らは兄弟ムハンマド·ムルシーによって解放されることになる。
国務省の代わりにジョン·マケインによる介入のリストが印象的です。彼は最後の20年間のすべてのカラー革命に参加した。

これまでに「民主主義」の名のもとに、唯一のいくつかの例を取るために、彼はベネズエラの憲法上のチャベス大統領、[13]ハイチの憲法選ばれた大統領ジャン=ベルトラン·アリスティドの打倒[14]、試みに対して失敗したクーデターを準備ケニアの憲法上の大統領ムワイ·キバキ転覆を[15]と、より最近では、ウクライナの憲法社長、ヴィクトルYanukovychのousting。

市民が他の国の政権を打倒するためのイニシアチブを取るとき、世界のどの状態では、彼は成功した場合に理解することができる、新たな政権が同盟国を証明するが、彼の取り組みは彼自身の国のために否定的な結果を持っているとき、彼は厳しく非難される。さて、マケイン上院議員があるため、それが失敗したとワシントンに対するなっているしている状態での彼の反民主的なアクションで嫌がらせを受けなかったことはない。ベネズエラでは、例えば。それは米国のために、ジョン·マケインは裏切り者が、薬剤ではないからである。

そして、想像最高のカバレッジを持つエージェント:彼はバラク·オバマの公式対戦相手である。このように、彼は世界のどこに旅行する(彼が最も旅行し、米国の上院議員である)と、彼は恐れずに望んでいる誰でも満たすことができます。彼の対話者がワシントンの政策を承認する場合、彼は、彼らはそれを戦うなら、彼はオバマ大統領に責任を移す、それを継続するためにそれらを約束した。

ジョン·マケインは、彼が拷問された5年、ベトナム戦争の捕虜だったことが知られている。彼は情報を抽出するが、スピーチを植え付けるしないように設計されたプログラムに関与していた。これは彼が自分の国に対して文を作るようにするために彼の人格を変換することでした。このプログラムは、教授アルバート·D·ビダーマンによるランド研究所韓国の経験に基づいて研究し、グアンタナモでの研究のための基礎として、他の場所博士マーティン·セリグマン[16]によって提供。 80,000以上の囚人にジョージ·W·ブッシュの下で適用され、それがワシントンにサービスを提供する本物の戦闘機にそれらの多くを変えてきました。ベトナムで割れていたジョン·マケインは、したがって、理解しています。彼は恥知らずにジハード主義者を操作する方法を知っている。

レヴァントにおけるジハード主義者と米国の戦略とは何ですか?

1990年に、米国はかつてのイラクの同盟国を破壊することを決めた。彼らはイラクの内政問題としてクウェートの攻撃を検討することをフセイン大統領に提案したが、彼らはイラクに対する幅広い連携を動員する口実として、この攻撃を使用。しかし、ソ連の反対、彼らが政権を転覆するが、飛行禁止区域を管理することコンテンツではありませんでした。

2003年には、フランスの反対はイラクの解放のための委員会の影響を相殺するのに十分ではなかった。米国は再び国を攻撃し、この時間は、フセイン大統領を打ち倒した。もちろん、ジョン·マケインは委員会への主要な貢献者でした。今年[17]には、国を略奪の民間企業への注意を手渡した後、彼らは3つの別々の状態にイラクを分割しようとしましたが、原因の人口の抵抗にそれをあきらめなければならなかった。彼らはバイデン·ブラウンバックの解決を中心に、2007年には再び試みたが、再び失敗した。 [18]したがって、非国家主体によってこれを達成しようとする現在の戦略:イスラム首長国。

JPEG - 11.2キロバイト
操作があってもジョン·マケインとイブラヒム·アル·Badri間の会議の前に、よく事前に計画された。例えば、外務省のカタール省から内部の対応、私の友人ジェームズとジョアンモリアーティが発行し[19]、5000ジハードは、2012年にNATOのリビアでカタールを犠牲にして訓練されたことを示しており、2,5万ドルを支払った。将来カリフに同時に。

2014年の1月には、米国の議会は、それがアル·Nosra戦線(アルカイダ)とイラクのイスラム首長国及びレバントまでのための資金を承認する、国際法に違反して、投票れる秘密の会議を開催それは本当に英国のロイターの報道機関[21]によって明らかにされたこの会議中に合意し、全くメディア米国のメディアがバイパス検閲をあえてしなかったものを正確には不明であるが、9月2014[20]、それは法律がセクションが上が含ま可能性が高いアーミングとトレーニングジハード主義者。

この米国の資金を誇り、サウジアラビアはイスラム首長国は、プリンスアブドゥルラーマン·アル·ファイサル王子サウドアル·ファイサル(外相)とプリンストゥルキ·アル·ファイサルの兄弟が率いるれたことを、その公共テレビチャンネル、アルアラビーヤに主張している(米国および英国へサウジ大使)[22]。

イスラム首長国は、傭兵の世界で新たな一歩を表しています。オサマ·ビン·ラディンの周りアフガニスタン、ボスニア·ヘルツェゴビナとチェチェンで戦ったジハードグループとは異なり、残留力が、実際には、それ自体で軍を構成するものではありません。プリンスバンダルビン·スルタン周りイラク、リビア、シリア、前のグループとは異なり、彼らは募集と瞬時に領土の管理を引き継ぐことが可能な大西部の学校で訓練を受けた民間の関係者のために彼らの処分で洗練された通信サービスを持っている。

ブランドの新しいウクライナの武器はサウジアラビアが購入したとイスラム首長国にそれらを与えたトルコの秘密のサービスによって搬送された。最終的な詳細は、6月1日、2014年にアンマンのジハード主義グループの会合でBarzaniファミリーと調整された[23]イスラム首長国及びクルド地域政府によるイラクの共同攻撃は4日後に開始しました。クルド地域政府は、40%以上の地域は増加したイスラム首長国は、国のスンニ派の一部を押収した。ジハード主義者の残虐行為を逃れ、宗教的少数派は、国の3ウェイ·パーティションへの道を舗装、スンニ派地域を残した。

イラクの米防衛協定に違反する、ペンタゴンは介入し、イスラム首長国は、その征服と虐殺を継続するために許可されていませんでした。クルドPeshmerga地域政府は戦わず撤退していたが、世界世論の感情が強すぎになったときヶ月後、および、オバマ大統領はイスラム首長国のいくつかの位置を爆撃するためにを与えた。しかし、一般的なウィリアムメイヴィル、本社の業務のディレクターによると、「これらの爆弾テロは、イラクやシリアの他の領域におけるイスラム首長国及びその活動の全体的な能力に影響を与える可能性は低い」。 [24]明らかに、それらは、ジハード軍隊を破壊するだけで各プレイヤーが割り当てられている地域に重複しないことを保証するものではない。また、一瞬のために、彼らは象徴的であり、車両のみの一握りを破壊した。それは、最終的にイスラム首長国の進捗状況を停止し、民間人が虐殺を逃れることができるように廊下を開いたトルコとシリアのクルドPKKのクルド人の介入だった。

多くの偽情報は、イスラム首長国及びそのカリフについて循環している。ガルフデイリーニュース紙はエドワード·スノーデンはそれについて啓示をしていたと主張した。 [25]しかし、検証した後、元米国はそれについて何も公表しないスパイ。ガルフ·デイリー·ニュースは、バーレーン、サウジ軍によって占有状態で公開されている。記事は彼らの責任の唯一のサウジアラビアとプリンスアブドゥルラーマン·アル·ファイサルをクリアすることを目指しています。

イスラム首長国は、ヨーロッパの16世紀の傭兵軍に匹敵する。彼らは時々別に、1キャンプで時々、それらを支払った領主に代わって宗教戦争を行った。カリフイブラヒムは、現代の傭兵隊長です。彼はプリンスアブドゥルラーマン(Sudeiris一族のメンバー)の命令の下ではあるが、それは彼が(レバノンやクウェートの短い迂回した後)サウジアラビア彼の叙事詩を続けた場合、驚くべきことで、オーバーSudeiris一族に有利ロイヤル承継を決定していないだろうプリンスMithab(息子、アブドラ国王のではない弟)。

ジョン·マケインとカリフ

JPEG - 8.8キロバイト
また、また、アブー·バクル·アル=バグダーディー、別名カリフイブラヒム、サウジアラビア、カタール、米国が資金を提供プリンスアブドゥルラーマン·アル·ファイサル、の傭兵として知られるアブDu'a、として知られているイブラヒム·アル·Badri、。彼は、ジュネーブ諸条約によって状態に禁止されているすべての恐怖をコミットすることができます。
その雑誌の最新号では、イスラム首長国は、米国のイラク侵攻のための彼のサポートをリコール、「敵」と「ダブル不機嫌」として上院議員ジョン·マケインを非難する2ページを捧げた。この告発は、米国では依然として不明であるなかれ、上院議員は直ちに首長国「世界で最も危険なイスラムテロリストグループ"[26]を呼び出して声明を発表した。

この論争は、ギャラリーがあるそらすことです。一つは、それを信じたいと思います...それは2013年5月から、この写真のためにwere'tた場合。

ティエリーMeyssan
<:ver_imprimer:> <:RECOMMANDER:RECOMMANDER:>韓国おいしいSeenthisディグRSS
-------------------------------
引用終わり↑

 
 
 

橋下市長がまた吼えた!!

内閣官房参与も務める藤井教授に対してだ・・・


藤井教授って誰?

藤井 聡は、日本の教授。京都大学大学院工学研究科教授、同大学レジリエンス研究ユニット長、第2次安倍内閣・内閣官房参与。専門は公共政策に関わる実践的な人文科学及び社会科学全般。 ウィキペディアより

国土強靭化政策で有名。主張としては以下のようなものがある。

①過度な構造改革や自由化は社会的な厚生水準を大幅に低下させる
②現在に至るまで様々な領域で踏襲されている過度な構造改革や自由化あるいは地方分権を批判
③典型的な問題がタクシー市場にて顕在化。タクシー市場における適正規制を唱える。
④積極的な財政政策・公共事業を行うべきと主張。


引用ここから↓
-------------------------------

橋下市長、京大教授の「ヘドロチック」発言に怒りあらわ 「こチンピラただす」 京大総長に見解要求へ

橋下市長
大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長(45)は5日、内閣官房参与の藤井聡京都大大学院教授(46)の橋下氏への批判が度を過ぎているとして、維新を通じて京大の山極寿一総長に見解を求める意向を明らかにした。市役所で記者団に語った。

3年前の発言、チクる市長…安倍内閣“こチンピラ”官房参与 vs 維新の党“ヘドロチック”最高顧問で国会論戦か

 藤井教授は平成24年に撮影したとされるインターネット上の動画で、橋下氏のことを川にたまるヘドロとなぞらえ「ヘドロチック」と言ったり、「絶対にツレ(友達)になったらあかん」などと発言していた。

 橋下氏は「政治家に対する批判、論評は絶対に必要」と前置きした上で、藤井教授の発言について「限度を超えている。国民の税金が投入されている国立大の学者があのような発言をするのはどうなのか」と批判。

 「この、こチンピラだけはただしていきたい」と怒りをあらわにし、総長の回答次第では自身が最高顧問につく維新の党が国会で問題として取り上げる意向も示した。

 藤井教授は産経新聞の取材に対して「政治家の特徴について個人的見解を有権者に説明するのは重要な言論活動。ちょっと悪く言われたくらいで総長にちくるなんて市長のわりに度量が狭い。我が京大は言論封殺には屈しない」と話した。



-------------------------------
引用終わり↑



で、橋下市長に対するどんな悪口を言ったの?


これ↓


引用ここから↓
-------------------------------

藤井教授談

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5TfmPtMTOCc



「あんな悪い奴おるって普通知らないですよ。あの手のタイプ」 

「僕は生駒の山越えて、なんかあったらすぐ大阪行ってたんですよ。 特に、ミナミというヘドロチックな・・・こんなん言うたらミナミの人に怒られるんですけどww まぁホンマに道頓堀にヘドロあるんですよw 汚臭(おしゅう)かぐわしい地域がこう・・・」 

「これは絶対連れになったらあかん。こんなん(橋下)と付き合ったらめちゃくちゃされる、というのがわかるんですよね」 

「それは山口の方(安倍さん)とか、東京の方(国会議員)とかも、そこまで悪い人がいないのでみんなわかってはらへん」 

「僕はとりわけ大阪のこと結構知ってるので、一生懸命みんなにこの人がどれだけヘドロチックか教えたい!とすごい思ってるんですよ」 

「大阪の道頓堀の中心あたりは、熟成されたところに近代の毒が入ってきてバイオハザードの1の最後に出てきたこんなヤツみたいな感じ・・・大阪の人怒らんとってくださいねww そうじゃない人もいますからねwwww」 

「うちの嫁さんなんかも外国行くみたいやいうてよう行きませんもん」 

-------------------------------
引用終わり↑


橋下市長もそりゃ怒るわと言うようなヘイトスピーチ(笑)

面白いおっさんではあるけれども、京都大学の教授までの立場の割りに品が無さ過ぎる(笑)
大阪をヘドロ扱いとはいかがなものか?

大阪府民は怒るのでは?? 


そもそも大阪都構想って何?

この構想の目的は、政令指定都市の大阪市を廃止して、中核市程度の権限と財源を持ち、公選制の区長を置く特別区を設置し、旧市の行政機能・財源のうち、広域行政に関わる部分を「大阪都」に、地域行政に関わる部分を「特別区」に、それぞれ移譲・統合すること。

これにより、従来から議論となっていた「大阪府と大阪市の二重行政」の解消

なお、大阪市地域にはそれぞれ区議会が設置されるが、大阪府議会では、定数削減後の88議席中27議席が配分されることとなり府議会全体の約31パーセントを占めることとなる。

しかし、その後、公明党が「住民投票を行うことについては賛成する」として議会での承認について賛成に転じた。2015年1月13日、改めて開かれた法定協議会にて協定書が承認されたことから、同年3月の議会での承認を経て、2015年5月17日に実現の是非を問う住民投票が行われる見通し。

 

引用ここから↓
-------------------------------

住民投票が2015年5月17日に!

大阪都構想の是非を問う大阪市民対象の住民投票が、2015年5月17日に実施される見通しとなった。

どうやら橋下知事の悲願であった都構想が実現する見込みのようです。





-------------------------------
引用終わり↑


藤井教授の大阪都構想批判の内容ってどんなもの?

大阪都構想自体はいろんな情報を見ても、結局は「絵に描いたモチ」のような言われ方をしており、おそらく大阪府民もよくわかっていないと思う。




引用ここから↓
-------------------------------

【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実
投稿日: 2015/01/27
From 藤井聡@京都大学大学院教授

今年平成27年の1月,「大阪都構想」を実現するかどうかを決める,「住民投票」を行うことが決まりました.住民投票の対象者は,現在の「大阪市民」です.

そこで,過半数が大阪都構想に対して「Yes」の意思表示をすれば,投票から約2年後の平成二十九年の四月から,いわゆる「大阪都構想」が実現することになります.

ついては,ここでは,「大阪都構想」についての賛否はさておき,その判断に向けて大切な,いくつかの「事実」の情報を提供したいとお思います.

【事実1】

今回の住民投票で決まっても,「大阪都」にはなりません.今の法律の中には,東京都以外の道府県を「都」に名称変更するということは定められていないから.したがって,住民投票でこの協定書が認められたとしても大阪都は実現しません.大阪府は大阪府のままなのです.

【事実2】

今の「都構想」は,要するに「大阪市を解体して五つの特別区に分割する」ことです.つまり,今度の住民投票で問われているのは,この「大阪市を5つの特別区に分割すること」についての賛否,というわけです.

【事実3】

年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します.大阪市は今,数ある自治体の中でもトップランクに権限を持っている「政令指定都市」です.事業所税をはじめとした他の自治体にはない財源をつかいつつ,強力な都市計画=まちづくりの権限でもって,様々な取り組みを進める力をもった自治体です.大阪,関西の都心である大阪に手厚い権限を与え,キタやミナミ等に集中投資を行い,これをエンジンとして発展してきたのが,大阪という街であり,関西の活力の源泉だったのです.ところが,都構想が実現してできあがる特別区には,この強力な権限がありません.したがって,大阪市内で集められた大量の税金が,大阪市「外」に流出することになるのです.その総額は,実に2200億円!

【事実4】

流出した2200億円の多くが,大阪市「外」に使われます.


【事実5】

特別区の人口比は東京は「7割」,でも大阪では「たった3割」そもそも大阪の場合は,23区民が全人口の7割を占める東京都とは真逆に,特別区民となる現大阪市民の割合は,全体のたった3割にしか過ぎません.だから,大阪知事は,東京都知事のように,特別区の住民の意向に特に手厚く配慮しながら行政を進めていくことは,そもそも不可能なのです.

【事実6】

東京23区の人々は,「東京市」が無いせいで「損」をしています.

ところで,都構想について,次のような漠然としたイメージをお持ちかの方もおられるかも知れません.

(1)大阪市は今,疲弊している.
(2)東京23区は羽振りが良い.
(3)だから,大阪でも東京と同じような「特別区」にすれば,羽振りがよくなる.

しかしこれは,大きな勘違いです.

それは例えば「今,一番モテている奴は,いつも髪の毛がくしゃくしゃだ.だから自分も髪の毛をくしゃくしゃにすれば,それでモテるようになる!」なんて考える様な愚かな話です.

もしも東京23区に「東京市」という,今の大阪市のような一つの「政令市」があったとしましょう.政令市というシステムは,その内側の都市行政を保護する「保護システム」です.したがって,政令市という保護システムさえあれば,その東京市には,今,「東京都」に召し上げられている,莫大な税金がそのまま残され,その結果,より豊富なおカネを自由に使うことが可能となります.つまり,東京23区の住民は,政令市という保護システムがないせいで随分と「損」をしているのです .


【事実7】

東京の繁栄は「都」という仕組みのせいでなく,「一極集中」の賜(たまもの)です.人口についても経済規模(GDP)についても,大阪市と東京23区との間には,実に四倍前後のもの巨大な格差があるのです.

これは,首都東京に,あらゆるモノが一極集中していることを示しています. これが,東京23区の豊かさの秘密です.その豊かさは,「都と特別区」という制度によってもたらされたものなのではなく,「首都」という特殊な事情がもたらしたものだったのです.さらに言うならその豊かさは,「東京市」という政令市の保護システムがないせいで,自主財源が流出し,23区民が「損」をしたとしても余りあるほどの豊かさだった,という訳です.

ところが──大阪市はそもそも,23区とは比べものにならない位の「少ない」人口と,「少ない」GDPしかありません.その結果,23区とは比べものにならないくらいの「少ない」自主財源しかもっていないのです.大阪市という,政令市の「保護システム」を解体すれば,大量の自主財源が流出し,大阪市民は,さらなる疲弊に苛まれるようになることは,決定的なのです.

PS
三橋経済塾への入会を希望される方は、こちらをクリック
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

PPS
月刊三橋会員の方には、数千円の会員限定割引が適用されます。
三橋経済塾の前に月刊三橋の会員になるには、こちらをクリック!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv2.php

-------------------------------
引用終わり↑



 

何の気なく、ラジオを聴いていたら、AKBのメンバーが握手会のことについて話していた。

「握手会に来て、握手を拒否するファンがいるんだよね~」
「あっ、僕、そういうの無理なんで・・他のオタが触った手は不潔なんで触りたくないです。とか、言われたよ~」
「話すだけで満足なんで・・・って、私言われたよ~」
「他のメンバーの推しなんで、ちょっとごめんなさい。とかもあるよ~」

何年か前のアイドルとファンの関係性ではなかった会話だと思う。

昭和時代のアイドルは、皆「雲の上の存在」
近くに寄れるだけでも、悶絶ものの興奮だったに違いない。

現代のアイドルは距離が近すぎて、ファンが暴言を吐くのか?
草食+神経症の男が増えたのか?

いろんな原因はあるだろうが、ちょっと理解しがたい価値観である。

何時間も待って、憧れのアイドルが目の前に現れて
握手を拒否して暴言を吐く。

あるいは、アイドルに自分の存在を印象付ける意味合いでの
「荒らし」行為なのだろうか?時代は変わった(笑)

忘れ去られるよりも、嫌われてずっと覚えてもらう方が良い。




引用ここから↓
-------------------------------

指原莉乃、握手会でファンに吐いた暴言を告白「お前握手しろよ!」


HKT48の指原莉乃が、28日深夜に放送されたTBS系バラエティ番組『HKT48のおでかけ!』(毎週水曜25:11~25:46)で、握手会でファンに吐いた暴言を明かした。

また指原は「推してるメンバーと私が同じレーンになったら、握手したくない人とかいる」と、自分と握手せずに通り過ぎる人もいると明かし、「普段は慣れっこ、当たり前だから気にならない。私だけじゃなくてほかのメンバーもあるあるなんで」とコメント。

続けて、「すっげーイライラしていた日があって、矢吹(奈子)と同じレーンだったんですけど、奈子だけ握手して私は握手しないで行っちゃった。その人強気で、お前とは握手しねーよって。向こうは私が弱ると思ったと思うんですけど、本当にイライラしてて『お前握手しろよ!』って叫んだ」と暴言を吐いたことを明かした。
-------------------------------
引用終わり↑


まあ、自分は握手会はおろか・・コンサートにも行った経験がないので、本当の心理はわからないのだけれど(笑)



 

↑このページのトップヘ