気まぐれメモブログ2019

「自分自身が知りたいこと」を自分なりに調べてまとめてメモってます。中立的な独自視点で気になるニュースや情報をまとめてメモっていきます♪極力ソース元に近い上流の情報を採用しています。アフィリエイト広告は貼りますが、アフィリエイト広告主をヨイショする記事や、ウソ、誇張は書きません。感じたままを書きます。ちょうちん記事は嘘くさいので書きません。記事によっては「未確認」の情報(ネットの噂レベル、便所の落書き)を載せていますので、内容の真贋については保証の限りではありません。わからない情報については「わからない」と正直に書きます。嘘くさいのやステマは自分自身が嫌いなので書きません。 Since 2014.11.17

2014年11月

Windows 8.1はWindows 8に比べると機能が改善されてきたと言うものの
「デスクトップとタブレットの融合」と言う意味不明のコンセプトのOSのため
・・・正直使いにくい。イライラする。

そこで、 Windows 8.1を購入して、Windows 7風味に
デスクトップパソコンとして使いやすくするための
最低限の初期設定を以下に記した。


 画面の右下または右上にマウスポインターを移動

チャームが表示される

「検索」をクリック

検索窓に【コントロールパネル】と入力

「コントロールパネル」をクリック

「デスクトップのカスタマイズ」をクリック

「タスクバーとナビゲーション」をクリック

タスクバーとナビゲーションのプロパティが開く

「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了
したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」
にチェック

「スタート画面にデスクトップの背景を表示する」
にチェック

「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する」
にチェック

起動後すぐにデスクトップ画面になり
「スタート」ボタンを押したときにすべてのアプリが表示される


-------------------------------
Windows 8/ 8.1に7風のスタートメニューを追加・カスタマイズできるフリーソフト「Classic Shell」
もあるが、フリーソフトを入れてまで、Windows7の見た目にこだわりはない。
使用感だけ、Windows7風味であれば良い。



 

参院選1票格差 きょう最高裁判決
2014/11/26  5時52分

■参院選1票格差 きょう最高裁判決
去年の参議院選挙で、選挙区ごとの1票の価値に最大で4.77倍の格差があったことが投票価値の平等を保障した憲法に違反するかが争われた裁判で、最高裁判所大法廷が2014/11/26、判決を言い渡される。

・2013/7参議院選挙は、選挙区ごとの1票の価値に最大で4.77倍の格差があり、2つの弁護士グループが、投票価値の平等を保障した憲法に違反すると主張して、選挙を無効にするよう求めている。

■「1票の格差」とは
有権者は住民票がある選挙区で1票を投じます。
↓ 
同じ1票でも選挙区によってその価値が違う。

【例えば】
有権者

東京都 約1,077万人 ※1議席当たり約215万人
鳥取県 約48万人   ※1議席当たり約48万人 →東京都の有権者の1票に比べて4.47倍の価値
-------------------------------
 
どの選挙区から選ばれた議員も、国会の場では、同じ権限

「1票の格差」が大きい状態を放置すれば

国政に有権者の民意が正確に反映されなくなる


■「違憲」と「違憲状態」の違い

-------------------------------
違憲
「すべての法律・命令・規則・処分その他は、憲法に違反してはならず、法が違反している場合、原則としてその法は無効。」

違憲状態
「違憲とまでは言えない。合憲に含まれる。でも違憲の状態。合理期間内に是正されなければ違憲とされる。」
-------------------------------
 
「違憲」と言い切らずに「違憲状態」と言うのはなぜか?

このような選挙を無効にすることを求める訴え(社会に大きな影響を与える)では
裁判所は2段階で審理を進める。

①第一段階 「憲法違反の状態か?」
「選挙当日、選挙区の間で生じた格差が著しく不平等だったかどうか?」

②第二段階 「憲法違反の状態を是正しようとちゃんと取り組んだか?」
憲法では選挙制度は法律で決めると定めている。

国会はどのような選挙制度を採用するか大きな裁量を持っている。
↓ 
選挙制度を変えるには、政党や議員の間で考えが異なるため、意見を調整するのに時間がかかる。

 第2段階の検討では
「違憲状態」の選挙が実施されるまでに、国会がどれくらい真剣に格差是正に向けて取り組んだのか、また、どのくらいの期間、選挙制度を検討する時間的な余裕があったのか?を見極める。

その結果、「十分に時間があったにもかかわらず、漫然と放置した」とされれば

「憲法違反」「違憲」という判決が出る

しかし
↓ 
これまで参院選で「違憲判決」がでたことは1度もない

たぶん、今日の判決も「違憲状態」というお茶を濁した判決が出るのであろう・・


■過去の最高裁判決例~一票の格差と最高裁判決
対象選挙 投票日 判決日 格差 判決
1962年参院選 1962/07/01 1964/02/05 4.09 合憲
1971年参院選 1971/06/27 1974/04/25 5.08 合憲
1972年衆院選 1972/12/10 1976/04/14 4.99 違憲※
1977年参院選 1977/07/10 1983/04/27 5.26 合憲
1980年衆院選 1980/06/22 1983/11/07 3.94 違憲状態
1980年参院選 1980/06/22 1986/03/27 5.37 合憲
1983年参院選 1983/06/26 1987/09/24 5.56 合憲
1983年衆院選 1983/12/18 1985/07/17 4.40 違憲※
1986年衆院選 1986/07/06 1988/10/21 2.92 合憲
1986年参院選 1986/07/06 1988/10/21 5.85 合憲
1990年衆院選 1990/02/18 1993/01/20 3.18 違憲状態
1992年参院選 1992/07/26 1996/09/11 6.59 違憲状態
1993年衆院選 1993/07/18 1995/06/08 2.82 合憲
1995年参院選 1995/07/23 1998/09/02 4.97 合憲
1996年衆院選 1996/10/20 1999/11/10 2.30 合憲
1998年参院選 1998/07/12 2000/09/06 4.98 合憲
2000年衆院選 2000/06/25 2001/12/18 2.47 合憲
2001年参院選 2001/07/29 2004/01/14 5.06 合憲
2004年参院選 2004/07/11 2006/10/04 5.13 合憲
2005年衆院選 2005/09/11 2007/06/13 2.17 合憲
2007年参院選 2007/07/29 2009/09/30 4.86 合憲
2009年衆院選 2009/08/30 2011/03/23 2.30 違憲状態
2010年参院選 2010/07/11 2012/10/17 5.00 違憲状態
2012年衆院選 2012/12/16 2013/11/20 2.43 違憲状態
 
※過去衆院選で2回「違憲判決」が出ている。 

ちなみに
1972年の衆院選の違憲判決では選挙無効を回避した。

↓その理由
「無効にしてもその選挙区の選出議員がいなくなるだけ。
公選法の改正など(有権者の代表である)議員がいない異常な状態で行われ、憲法上望ましい姿ではない」

 



■経緯
1962年 宮崎県での走行試験開始
1997年 山梨県での走行試験開始 →水源が枯れ、川から魚が消えた
2003年 有人運転で時速581キロ ※鉄道の世界最高速度を更新

■開業予定と予算
2014年 着工
2027年 東京都 - 名古屋 (最短40分) 建設費5.4兆円
2045年 東京都 - 大阪 (最短67分)  建設費+3.6兆円  (計9兆円)

■最高速度
505km/h  
※ちなみに現在の東海道新幹線270 km/h(N700系 のぞみ)

■運賃
15,000円程度  
※ちなみに現在の東海道新幹線14,000円(N700系 のぞみ)

■通過駅 ※通過ルートはCルートでほぼ決定 
東京

神奈川

山梨

長野

岐阜

愛知

三重

奈良

(滋賀)

(京都)

大阪

■否定的な意見 
・ 地中やトンネルを走る割合が全体の60%。景色が見えない。
・電気抵抗がゼロの技術にもかかわらず、消費電力は東海道新幹線の約3倍も消費。
・原発3~5基分の電力が必要。
・1997年、リニアモーターカーが山梨県大月市と都留市の間の18.4km区間で実験走行を開始。すると、2年後、山梨県大月市朝日小沢地区では水源が枯れ、川から魚が消えた。
・2009年にも、実験線の延伸工事に伴うトンネル掘削で、山梨県笛吹市御坂町の水源である天川が枯れ、昨年末も山梨県上野原市無生野地区の簡易水道の水源である棚の入沢が枯渇した。
・総建設費予算額は9兆円。

■海外の動向
フランス「TGV」時速574キロ
中国「和諧号」時速487キロ
日本「新幹線」時速443キロ
韓国「HEMU-430X」時速421キロ ※今後600キロを目指す


2014年1月に他界した歌手やしきたかじんさんの闘病記「殉愛」百田尚樹著の内容が
虚偽に満ちているとして、妻のさくらさんと共にネットで批判の対象となっている。
特にAmazonカスタマーレビューと2ちゃんねるではバッシングの嵐である。
Amazonカスタマーレビューでの「殉愛」読者の怒りは凄まじいものがある。

これは百田氏の「取材不足」「調査不足」「ウラ取り不足」による「やらかし」なのか?
それとも、今流行の「炎上マーケティング」「商業ベースとしての成功」なのか?

■背景(これまでの経緯)

2014年11月17日付のオリコン週間BOOK総合ランキングで1位を獲得
発売からわずか1週間ほどで推定売上部数6万5000部(オリコン調査)

アマゾンのレビュー欄は賛否が真っ二つ
-------------------------------
11/14 → 11/17 比較 
 
★5つ 115→143 
★4つ 14→14 
★3つ 10→15 
★2つ 11→17 
★1つ 166→296  →突出している
------------------------------- 

たかじんさんの弟子からは「みんな怒り心頭です」とブログやネットラジオで批判

2人を知る竹田恒泰さんは「十年分泣いた気がします。最高の作品です」と絶賛。 

一方、アマゾンのレビューでは評価は分かれている。 
星1つをつけた人からは、あまりの美談ぶりを「これって本当なの?彼女は自分を飾っているんじゃないの?という疑問も同時にわいてきます」 「女性は、ただの悲劇のヒロインだと言いたいのか最悪だ」
など、病気のたかじんさんを支え続けたという、さくらさんへの疑問が相次いで投稿されている。 

↓こうした意見に百田氏は反論

11/8
「呆れるのは、証拠もないのに、嘘だ、インチキだと決め付ける人がいることだ。その決め付けはどういう精神から来るのかな」

11/11
「Amazonレビュー、未亡人に対する誹謗中傷がひどすぎる!実態も真実も何も知らない第三者が、 
何の根拠もなく、匿名で人を傷つける。本当に人間のクズみたいな人間だと思う!」と怒りをぶちまけた。 
 
↓ そんな中

80年代にたかじんさんの弟子をしていたという歌手の打越元久さんが反論
11/13 
「本でコケ落とされてるマネージャーK氏 前マネージャーN氏ほか、たかじんスタッフ/ファン多勢。みんな怒り心頭です」 
と百田さんに抗議する内容をブログに書いた。 


ネット上に依然として、美談に対して厳しい批判的な見方が続いている。 


まずは以下が美化した作り方が問題視された11/7放送分の金スマである。
TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」2時間SP
やしきたかじんSP! 32歳下疑惑の未亡人の真相 永遠の0著者・百田尚樹が徹底取材 

金スマ 2時間SP やしきたかじん 11月7日 [1/3]

金スマ 2時間SP やしきたかじん 11月7日 [2/3]

金スマ 2時間SP やしきたかじん 11月7日 [3/3]


■擁護派

・「読んで素直に感動した。さくらの思いがストレートに伝わってきたし、たかじんの姿も垣間見えるものだった。
その後の騒動、レビューをこまなく読んでみたが、印象が変わることはなかった。さくらはイタリア人と結婚していたかもしれない。もしかしたらもともとたかじんのことをしっていたのかも。はじめはお金目当てだったのかもしれない。それらを超越する文章この本から感じた。僕が変なのか?読む人によって感想が極端に変わる作品には違いないようだ。」Amazonカスタマーレビューより

・ 「たかじんのこの2年間はとても幸せだっただろうと思います。さくらさんもです。さくらさんがイタリアで結婚していたとしても、別にかまいません。人生で出会うべき時にであうべき人と出会った 美しく悲しくそして強い愛の物語です。」Amazonカスタマーレビューより

・ 「僕は、何度かさくらさんと会っていますが、さくらさんの人柄は、この本に書かれているとおりです。 さくらさんの、たかじんさんを思う気持ちは本物ですし、さくらさんは、控え目で、気立てがよく、どこから見ても、至極素敵な方です」竹田恒泰11/11のブログ 

(以下、百田氏本人反論)
・「ネット上で、たかじんさんの妻の経歴をほじくりかえして、鬼の首を取ったようにわめいているヤカラが大勢いるが、過去がどうだと言うのだ。いたって普通の経歴にすぎない。犯罪を犯したわけでもない私人の経歴を暴き立てて非難するのは実に低俗な行為だと思う。」百田尚樹 @hyakutanaoki(11/12)

・ 「たかじん氏の妻は、何もかも捨てて夫を看病した。たかじん氏が残した数億円の預金はほとんどすべて寄付だ。しかしたかじん氏の死後、週刊誌などで「遺産目当てで結婚した」と報道された。
そして今、昔の経歴をほじくりかえされ、心無い人から非難されている。しかしその経歴はいたって普通のものだ。」百田尚樹 @hyakutanaoki(11/12)
 
・「たかじんの妻にはイタリア人男性との結婚・離婚歴がある(日本で入籍、離婚)。しかし一部ネットで言われている重婚の事実はない。 彼女はたかじんと出会う一年前から、夫とは離婚の協議をしており、たかじんに出会ってそのことを彼に相談していた(証拠メールあり)」 百田尚樹 @hyakutanaoki (11/18)

■バッシング派
・たかじんと出合った当時、さくら氏は既にイタリア人のイケメンと結婚していた!!つまり、不倫だった。

・「なにが真実の愛、殉じた愛なのか?やしきたかじんにさくらが初めて接近したクリスマスのあの日、彼女は結婚していたのですよ?しかもブログではその前日のクリスマスイヴに来日したイタリア人夫と楽しそうにはしゃぐ様子が綴られています。そして彼女はやしきたかじんの看病を自分の父の看病ということにしています。これを真実の愛、殉じた愛と呼べますか?普通の倫理観があれば誰もそうは思わないと思います。百田氏が今後も真実の愛、殉じた愛を主張するなら、まずこのイタリア人夫との関係を詳細に説明する責任があると思います。真実を話すべきです。作家生命に関わることですよ百田さん、それだけ大きく信用が失われているということです。このままでは誰も納得しませんよ?百田さん」 Amazonカスタマーレビューより(一部省略)

・「たかじんさんの浮気の話。あんなの、普通愛した人の名誉を考えたらたとえ事実だったとしても世間に公表しますか?最期まで看取った人なら、そんな話をあえて百田さんにしなくてもいいでしょう。それと、たかじんさんのマネージャーさんのこともずいぶんと悪い人間のように書いてますが、そんなに周りの人は悪人だらけで、自分だけが聖女でたかじんさんを守ったといいたいのでしょうか?遥洋子さんという方がテレビで自慢げに、たかじんさんの奥様から自分だけ呼ばれて自宅に行った、と話してましたが、これもまた違和感の塊です。どこがどう繋がっていて、どういう組織またはバックが利権を得るために動いているのか、一般人の私にはただただ気味が悪いです。さくらさん、百田さん。あなた方は、やしきたかじんを一度ならず二度死なせたのです。それも、二度目は男として、やしきたかじんとしてのプライド、名誉をズタズタに切り刻んで殺したも等しいです。あなた方の罪の深さを考えてください。百田さん、これでもまだTwitterで、読者に向かって人間のクズと罵倒できますか?」
Amazonカスタマーレビューより(一部省略)

・「『モンスター』より女性の怖さを理解できる今年一番の良書でした。やしきたかじんの死をここまで茶番に仕立てあげた百田センセーは、まさに「さすが」の一言です!是非、百田尚樹センセーには加藤茶さんでご執筆をお願いします!!(笑) 」Amazonカスタマーレビューより

・「ノンフィクション作品と言いながら片方からしか取材していない。そしてその人々を犯罪者扱い。貴方の作品は二冊読み感動も受けました。でも今は潔く筆を折りなさい。」 Amazonカスタマーレビューより

・80年代にたかじんさんの弟子をしていたという歌手の打越元久さんが13日、 「本でコケ落とされてるマネージャーK氏 前マネージャーN氏ほか、たかじんスタッフ/ファン多勢。みんな怒り心頭です」 と百田さんに抗議する内容をブログに書いた。 

【RADIO HAAFUU反主流】たかじん弟子、打越もとひさ ラジオでブチキレ①

【RADIO HAAFUU反主流】たかじん弟子、打越もとひさ ラジオでブチキレ②

【RADIO HAAFUU反主流】たかじん弟子、打越もとひさ ラジオでブチキレ③


・たかじんと出会ったとされる2011年12月25日にはイタリアの元?当時?旦那と仲むつまじい様子がブログに掲載されている。協議離婚中にダブルベッド。証拠ブログ有

・「そう言えば。私はヨメとマネージャー双方に会った、たぶん数少ない人間の一人。しかもどちらの味方でも敵でもない(つまりどっちに付いても私の得にも損にもならない)フラットな立場。勿論たかじん本人も知っている。そういう人間に会うのは不都合があったのかな?」及川眠子@oikawaneko

・「『殉愛』の表紙に感じたすっごい違和感。なんでだろーと思っていたが、はたと気付いた。たかじんってあんな字を書いたっけ? もっと読みづらい変ちくりんな字だった記憶が・・・。病気になると筆跡まで変わっちゃうのかな?」及川眠子@oikawaneko

・やしきたかじんの遺産は10億円。うち、4億円が妻さくら氏の相続分。実の娘は0円。

・遺言は妻のさくら氏が書かせてるらしい。実の娘は相続排除(被相続人が、民法892条の定めるところにより相続権を持つ人間に著しい非行の事実がある場合に、家庭裁判所に「推定相続人廃除調停申立て」をすることにより法定相続人から除外する。遺留分すら認められない)?

-------------------------------
弁護士2人つれて、遺言書書いてるところもビデオ撮影してる 
普通ここまでするか?怪しすぎなんだよ
Res:467 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 12:42:15.81 ID:AmNDG/N90.net
>>451 
そうなのか。 
じゃあ、遺留分減殺請求権訴訟を起すしかないね。 
たかじんの遺言書に何を書いていても、遺留分を貰う権利はあるのだから。、
Res:459 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 12:38:56.60 ID:OXh4TBpu0.net
>>441 
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141107-OHT1T50003.html 
1人目の妻の子供で、唯一の実子である長女のH氏とは感情のもつれもあり、 
「一切相続させない」と記されていた。遺言書に書かれていても、 
法的には実子は遺産総額の4分の1を相続する権利を持つが、 
H氏は遺言書の無効を求めて提訴。 
しかし、裁判所は医師の「正常な判断力を有する」という診断書や、 
作成時の映像を見て遺言書の正当性を認める判断を下したという。
------------------------------- 
 
嫁さくらとたかじんメモの筆跡が一致 

 ・ たかじんさんのマンションの斜め向かいに自分から引越しして近づいた事なども違ってきこえるようにまとめられている。

・死ぬ数日前に弁護士が遺書を読む中うなずくたかじんさんを撮ったビデオが存在するといわれている。 「弁護士がこれらを●●さくらさん(やしきさくらではない本名?まだ籍を入れていない?)に遺すことを承知しますね?と聞かれ、たかじんさんが、朦朧としながらただ『はぁい』と言っているのです。とても弁護士の話の内容を理解しているようにはみえませんでした」 と動画を見たことがある関係者が語る。

・イタリア協会式の結婚は離婚までに4-5年かかる。日本の民法でも女性は離婚後6ヶ月間は原則として再婚することができない期間と定められている。

・ICUは監視カメラが付き、施錠され、家族でも24時間つきそいはできないはず。しかも、食道がん再発時点で家族ですらない、さくら氏に介護は任せない。本の中で術後に尿便で尿を取ったエピソードがあるが、術後は尿バッグに導尿して経過観察するのが医療現場の常識。


(時系列)

2010年

9/25 イタリア人夫イバン氏とイタリアで教会婚
-------------------------------
2011年

12月 イタリアから日本へ妹の出産手伝いで一時帰国 (夫のイバンも同伴) 
12/24  「結婚2周年イヴ」「ハニー、日本来日イヴ」とブログ更新
12/25 たかじんからパーティーへ誘われ初めて会う(イタリア人夫は大阪のホテルに残す) 
12/30 たかじんから一方的にプロポーズされる
-------------------------------
2012年 
 
1/16 たかじん食道がん判明・・イタリア生活を捨てて看病を決意 
1/22 イタリア人夫「2日間も妻と話してないのは初めて」とツイート 
1/27 ブログを久々に更新「いい意味で忙しく楽しんでる」(29日更新「美容院でショートにしたよ」) 
------------------------------- 


■結論
やしきたかじんと言う著名人だからこれだけ話題になっているが・・
よくよく考えてみると
金持ちのおっさんが、死ぬ間際に、札束で若い女をめとって
その若い女は財産を全てゲットしたサクセスストーリーとして
「よくある話」だとも言える。

もともとは「金のため」だったが
一緒にいるうちに愛へと変わった(情が移った?)
でも、金なしでは最初からその愛は始まらなかった(笑)

一方

百田氏の「殉愛」の印税収入は・・・

1冊1,600円×印税10%×25万部=4,000万円(推定)

百田氏もこれだけの酷評と信用毀損を引き換えに得た(これから得る?)
お金としてはそれほど多い金額とはいえないのではなかろうか?

 

 

YouTubeにいく

埋め込みたい動画を表示させる

動画下の「共有」をクリック

「 埋め込みコード」をクリック

タグが表示される

【例】
 <iframe width="420" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/bZSk2iFpbX0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

上記タグをコピー

ブログの記事編集にいく

「HTMLタグ編集切替ボタン」でHTMLタグ編集モードに切り替える

記事中の入力したい領域に上記「埋込みコード」をペースト



【挿入例】

挿入前

<br />Seesaaブログ、ライブドアブログにYoutube動画を貼り付ける方法<br />
ココに挿入<br />&nbsp;
 
↓↓↓↓↓赤字部分↓↓↓↓↓↓


挿入後

<br />Seesaaブログ、ライブドアブログにYoutube動画を貼り付ける方法<br />
<iframe  frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://www.youtube.com/embed/bZSk2iFpbX0" width="420" height="315"></iframe><br />&nbsp;


↓このように表示される
 

Seesaaブログ、ライブドアブログにYoutube動画を貼り付ける方法

 

普天間(ふてんま)基地移設問題は、沖縄県宜野湾市の米軍海兵隊普天間飛行場の
基地・施設を何処に設けるかという問題である。
本当にややこしくてわかりにくい問題である。

■背景は?

・普天間基地の正式名称は「海兵隊普天間航空基地(Marine Corps Air Station Futenma・MCAS FUTENMA)」、主に海兵隊のヘリコプター部隊の飛行場。

・アメリカ海兵隊は元々は海軍の陸戦部隊。しかし、1775年に独立して陸海空軍と同格となった。戦争が起こったら真っ先に敵地に突っ込んでいく攻撃部隊。最近は対テロ部隊としても行動。当然、勇猛果敢で荒々しい(笑)

・議会の承認が必要な陸海空軍と異なり、海兵隊は「大統領命令のみ」で作戦を実施できる。即応行動がとれるのが最大の利点。

・現在、沖縄には2つの米軍基地がある。
普天間基地→アメリカ海兵隊
嘉手納基地→アメリカ空軍

・普天間基地は「世界一危険な基地」と称される。基地周辺には、住宅や学校、病院などの公共施設も集中している。

・基地の負担を沖縄だけに押し付けて良いのか?そもそも米軍基地の存在は必要なのか?など、議論は尽きない。

・発端は1995年9月に発生した「米兵少女暴行事件」。→日米両政府は「沖縄に関する特別行動委員会(SACO)」を設置。在沖米軍基地の整備や縮小、統合を検討。→翌年、橋本龍太郎首相とビル・クリントン大統領(いずれも当時)の間で、代替施設が5~7年以内に完成して運用可能になれば、普天間飛行場が全面返還されることで合意。

・米軍は世界規模の再編を実施中であり日米政府はこれに普天間移設を絡めることで、基地の移設のみならず、沖縄に駐留する海兵隊の削減を盛り込んでいる。しかし、現在はこう着状態にある。

■経緯
1995年、沖縄米兵少女暴行事件
2004年、沖国大米軍ヘリ墜落事件
2006年、2014年までに移転させるというロードマップが決定。
2009年、鳩山内閣が移設案を再審議。様々な代替案が提示。
2010年、県外移設は不可能との結論。再度辺野古移設で決着。

■(移設)賛成派の意見
・辺野古への移設反対をしているのは沖縄県人ではない。
・辺野古等の活動家の2/3は左翼から金で雇われたプロ市民。
・辺野古地元住民は容認している(補助金の恩恵)。
・在日米軍基地の75%が沖縄に集中しているというのは嘘(実際は24%)

辺野古の漁師さん【賛成派】


地元は辺野古移設容認(北部振興推進名護大会)【賛成派】

ある辺野古住民の本音【賛成派】

■反対派の意見

・普天間基地は単なるお飾り。「実体は何だか分からないが、勇猛果敢な海兵隊と、最新兵器らしいオスプレイを沖縄に置いておけば、中国が攻めてきても大丈夫」という妄信。その妄信に血税1兆円を注ぎ込むのは無駄。

・もともと沖縄には基地が多く、現在34の米軍施設があり、その土地面積は日本にある米軍施設の約75%を占める。日本国内の米軍基地が沖縄に集中している。

・辺野古基地がなくても、米空軍嘉手納飛行場は存続する。嘉手納閉鎖・返還は、政治的要求・日程には全く上っていない。嘉手納だけで、飛行場と弾薬庫の合計面積が、沖縄県外の主要米軍基地全ての合計面積の1.7倍ある。

嘉手納46.3k㎡


(沖縄以外の主要基地)
横田
厚木
三沢
横須賀
佐世保
岩国
------------------------------
計 27.3k㎡


・さらに、嘉手納以外の沖縄・海兵隊基地は、その嘉手納の3倍の面積の施設がある。


■1番の問題点は???

・地元で辺野古移設反対運動を行っているのは、地元民以外(辺野古以外の沖縄の人もいること。左翼活動家、韓国人、中国人が煽動していること。

・普天間基地の移転が実現しないことで、沖縄海兵隊の司令部のグアム移転などがまったく前に進まない状態になっていること。

↑このページのトップヘ